贔屓の引き倒しか?地域実力者の事前選挙運動

贔屓の引き倒しか?地域実力者の衆院選事前運動
    公開質問状を出しました  
 先週は9カ所の行政センターで行政センター管内賀詞交歓会が催された。各地の主催者は当該管内の連合町内会や社会福祉協議会また観光協会などが加わるなどして共催している。呼ばれるのはセンター管内の現職議員(県及び市議会)と町内会役員や民生委員、また商店会や観光協会それに管内学校の校長や警察関係などである。当然のことながら市長助役は全9カ所を回る。今年は選挙の年だから、現職市長はあまねく顔が売れるわけであるし、自身の立候補にも触れていた。久里浜では挨拶の中で長めに立候補に触れたので来会者からブーイングがでたかかったとのこと、当然ながら事前運動に触れることになる。
 9日は北部の田浦、追浜で賀詞交歓会が行われた。市長の都合で1日2カ所開催を常にしている。
私は初当選後の92年から追浜行政センターの賀詞交歓会に呼ばれるので今年も例年のごとく出かけた。出かけてビックリ、何と小泉進次郎候補が現職純一郎氏の秘書として来賓紹介されたのだ。追浜管内は田川誠一さんの地盤であり引退するまでの93年までは田川さんも見えられていた。故に三春町の小泉さんを呼ぶことなどあり得ないし、小泉さんはそんなものは頼りにもしてないから、追浜地域の賀詞交歓会などには来たことはないし、多分招待状も出していないはずだ。
 だが今年は呼んだ(私もそうだが呼ばれなければ開催は解らないし、お呼びでないのにでかければ招かざる客になるからだ)のである。今年9月までに確実に行われる衆議院選挙の立候補予定者である小泉進次郎氏(神奈川11区自民党支部長)を今年呼ぶ理由は何か?誰も説明しなくても分かる話である。 
 もし来賓としてきているのを知っていれば、挨拶で「親父は米百俵は何処へやった」と多いに皮肉ってやったものをと残念に思った。しかし地域議員の挨拶が終わったあと来賓紹介の最期で『小泉議員の秘書・・・・様がお見えになられています』と紹介した。見え見えの演出に腹が立ったが、その後更にビックリしたことがおきた。主催者である連合町内会長のS氏が何と進次郎氏を連れ歩き各テーブルを廻って挨拶を始めたのである。
 完全に公職選挙法の事前運動に抵触する行為である。
 公金の補助を貰う団体の長が公設の場でかかる行為をすることは見逃せない。選管などに確認したところ、明らかにグレーゾーン以上の行為である事が解ったので主催者である連町会長と地区社協代表に以下のような公開質問状を送付した。
公開質問状
1,私は初当選した翌年の1992年より追浜地区新年賀詞交歓会に呼ばれていますが、政治家を呼ぶ場合、行政センター管内居住の現職に限るなどの規準はありますか。

2,私の記憶では過去一度も小泉純一郎さんは本賀詞交歓会に来られていないと思いますが、横須賀(11区)選出とは言え田川さんのように地元ではない国会議員の小泉純一郎さんに招待(ご案内)状を出した事はありますか。また今回は小泉進次郎氏に招待(ご案内)状は出したのですか。今回特別に出したとすればその理由をお聞かせ下さい。

3,もし出してないのに来られたとしたら、誰かが呼ばれた訳ですが、どなたが知らせたかお分かりですか。また正規の招待者でない人が来たら来賓として接遇する必要はないと思われますが、司会者に来賓として紹介させた理由、目的は何ですか。

4,00会長が小泉進次郎氏(11区支部長イコール立候補者)を連れ会場、各テーブルを挨拶に回られた意図と、どの様に紹介されたのかをお知らせ下さい。

5,主催者として上記の様な紹介及び同行挨拶をすることは、役員の方々と打ち合わせ、また了承を受けてのことですか。

6,公金の補助を受けている団体の長が公設の場を使い主催した賀詞交換会において公選法が禁じる事前運動(明らかにそれを予感させる)に抵触する行為についてどの様に思われていますか。

7,00会長としては共同主催者として今回の行為を事前相談され、また承知されていたのですか。事前相談がなく、承知されていないとしたらどの様に思われますか。
以上
 なお、ご多用中、誠に恐縮ですが1月23日までに、以上質問に対し文書にて回答頂きますよう要請致します。
     北下浦でも同様行為が・・・
 なお調べた結果、北下浦行政センターでも同様な事前運動が行われた節があります。こちらは市議関与もあるようです。北部地域の私が遙か南の北下浦での出来事は解りませんので、当日の状況をご存じの方は私までお知らせ下さい。ニュースソースの秘匿は厳守しますので是非お知らせ下さい。
*伏せ字、ローマ字の部分を知りたい方は私のメールへお尋ね下さい。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2009-01-17 17:14

<< 渡辺嘉美離党からメディアの情報... 新自由主義の継続か社会民主主義回帰か >>