映画山本五十六を見て

映画山本五十六を見て
 映画山本五十六をようやく見た。あいも変わらず海軍善玉論のシナリオに基づくものだろうと思っていたが、その範疇から踏みだす映画では無かった。
 まあさすがに完全なる海軍善玉論ではなく、海軍でも軍令部やいわゆる対米強硬派(艦隊派)や台頭する親独派などは批判的に描いている。そのせいか登場人物にテロップが出ない。批判的に描かれているうちで実名が出るのは南雲中将くらいだ。軍令部総長の永野修身も3国同盟締結時の優柔不断な及川海軍大臣、東条の副官と称された開戦時の嶋田繁太郎海相、また海軍の対米主戦論者の代表格石川信悟大佐などは劇中名前も呼ばないしテロップも出ない。これでは太平洋戦争や旧海軍のことをある程度知らねば、誰が誰の役かは分からない。そしてやはり山本は平和を希求していたとのストリーで作られているのが鼻につく。
マスコミ批判が新味?
 海軍善玉論の象徴である米内、山本、井上の「反戦トリオ」賛美映画の域を出ていないと言える。これでは国民は誤情報により「大東亜戦争」の歴史的評価を誤るままだ。
 これまでの山本五十六ものの映画と少し違うのはマスコミ(新聞)が戦争を煽ったとするところだ。愚昧な国民はマスコミに操作されると描いている。これは福島原発の受けてのことと受け取れる。しかし真珠湾攻撃は最悪の戦術だったのではないかとの見解は今回も示されなかった。 
 これまでの山本もの映画同様、山本を偶像視するあまりに真珠湾奇襲攻撃を持ち上げミッドウエー海戦の敗戦も南雲や軍令部の横やりが敗因と描いている。しかし映画を見ていても気がつくように軍令部と衝突し、辞表を持ち出してまで持論を通したのに、何故相性も戦略感もあわず特に航空戦の素人である水雷屋の南雲中将を機動部隊のトップに据えたのか。これだけのるかそるかの作戦をやるのに指揮官に拘らないのはどこまで勝つ気があったのかである。またドック施設や、燃料タンクを爆撃しなかったのも南雲に責任を負わせているが、山本自体、真珠湾を徹底破壊してこそ米海軍は動けなくなると港湾施設と燃料庫の爆撃など厳命していない。
 またミッドウエー海戦の直前に平時の人事を実施して大規模な人事異動をして歴戦艦長の交代をさせた海軍省人事に抵抗しなかった。これなど山本の投げやりな態度で百年兵を養う意味を山本自体理解していない事になる。また責任の取らせ方も、自分の責任の取り方も曖昧、いや無責任すぎ、敗軍の将の共済組合を作ったのも山本である。
 米海軍でも英海軍でも4隻もの空母をいっぺんに失った司令長官など即座に解任で予備役降格である。それなのにおめおめ生き延びてきた南雲も草鹿参謀長以下負け戦スタッフをそのまま残して昭和17年末の南太平洋海戦迄の指揮を執らせている(南雲は昭和19年テニアンで戦死)。
 山本の考えた講和などに米は応じない 
 山本は米艦隊に大打撃を加えたところで講和を働きかけるとしているが、これを空論としてこれまでの映画や多くの戦記物は批判していない。ここが大きな間違いだ。
 アメリカ(ルーズベルト)は日本に攻撃をさせたがっていた事をまず承知する必要があるが、ルーズベルトは欧州戦に参戦しないことを2期目の公約にして再選された。だからイギリスの窮状を助けたくとも武器援助くらいしかできない。そこで戦略感のない日本を煽り、日本の仏印進駐に際し、石油鉄くずの禁輸をして日本を締め上げた(当時日本は石油の8割以上をアメリカ(ロックフェラー)に頼っていたのである。闇の話だが禁輸制裁してもアメリカの石油会社はドラム缶に詰めて多くの石油を日本に輸出していた(だからドラム缶が豊富にあり、これをガダルカナル戦で輸送が困難になったときこのドラム缶に食料を詰め駆逐艦で運んで海に投入した-海軍自体ネズミ輸送と蔑んでいた-に利用している)。
 しかしルーズベルトは大東亜共栄圏を掲げアメリカの権益を侵す日本は、叩きつぶすまで戦う事を決意していた。
 山本は「アメリカでの工場の煙突の数をみろ」と言っていたが、建造能力の差は周知の通りであり山本の言う一撃の下の講和なんてあり得るはずがないのである。これを多くの識者が指摘しないのも不可解だ。
 ワシントン及びロンドン条約が期限が切れたあと米の対日戦争用(ドイツ艦隊は大したことはない)の建艦計画をみればその差は歴然である。ビンソン下院議員やスターク海軍長官のプランによる建艦プランは以下の通り。
 第2次ビンソン案(1938年)
サウスダコタ級戦艦3隻 何れも42年に完成
エセックス級航空母艦1隻 〃
 第3次ヴィンソン案(1940年)で計画された艦
アイオワ級戦艦2隻(ミズーリなど4隻完成)
エセックス級航空母艦3隻(その後に30隻発注-この空母群が日本海軍を壊滅させた)
巡洋艦、駆逐艦、潜水艦など多数。
 これは1938年と40年に議会で予算を通しているから機密情報でもなく山本に限らず陸海軍も政府も知っていた。これらの主要艦艇は開戦の翌年の1942年から順次完成し訓練後参戦してくるから東条内閣もアメリカの本格反抗は昭和18年と予測していた。
 だからルーズベルトは戦艦や空母を5,6隻沈められてもビクともしなかったのである。日本も昭和17年までは搭乗員や潜水艦の奮闘によりアメリカの正規空母を4隻撃沈している。正規空母の喪失数で言えば昭和17年ではタイなのである。そして軍部の予測通り建造なった空母が訓練を終え昭和18年の末から大反抗に撃って出てくるのである(ここからは作戦の拙さとエレクトロニクスの差が開き過ぎ日本海軍全敗である)。
宣戦布告は東京ですれば良かったのである 
 次に理解出来ないのは当時の外交手順である。この映画でも山本は真珠湾奇襲の前に必ず国務長官に宣戦布告書を手交するように希望して外務省に確認させている。確かに駐米外交官の大失態により未だにリメンバーパールハーバーとアメリカ人にすり込まれているから、これは悔いても悔いきれないが、何もアメリカに機密電送って手交する必要など全くないのである。奇襲を成功させたいなら第1次攻撃隊が空母を発艦したところで、グルー駐日大使を外務省に呼び、そこで宣戦布告すれば良かったのだ。これはソ連参戦の8月8日にスターリンが行っている。8月8日深夜にモロトフ外相は佐藤尚武駐ソ大使をクレムリンに呼び宣戦布告している。こう言うことも知って真珠湾攻撃を俯瞰してみるのが正しい歴史感を生む。戦の仕方を知らなかったのかとの指摘は重要だ。
 真珠湾攻撃もミッドウエーも愚策だった 
 またドイツに呼応するにしてもアメリカとは争わないことを選択肢にしなかったことは山本に限らず陸海軍の大失態である。東南アジアの資源地帯は英仏欄の植民地なので、英仏欄とだけ戦端を開き、英国の息の根を止めるためにインド洋を制圧し、ドイツを助け、援蒋ルートを断ち、その一方でインドを独立させ、一方資源輸送のシーレーンの確保をしてアジアの開放をして大東亜共栄圏の確立をすれば良かったのだ(ところが解放でなく侵略をやってしまった)。この現実的プランを採用してアメリカとは事を構えず外交交渉をのらりくらりやっていればアメリカは参戦したくてもできなかった。
 まあ日本が仮にうまく立ち回ったとしても、ソ連やイギリスがドイツに敗北しかけた段階でアメリカが参戦の口実を見つけたであろう事は想像に難くない。しかしこの方法が一番日本に利のある戦略のはずだし、これをやれば三国同盟は実質機能した。
 またミッドウエー敗北後の山本の作戦など評価するところは何もない。ガダルカナルも豪州遮断作戦の一環で行われたが、石原完爾の言うとおり終末攻勢点を超えすぎで破綻は眼に見えているが、空母4隻を失った後も自分はトラックの大和ホテルで暮らしてガダルカナルに決着をつけない。何故戦艦長門、陸奥或いは大和をガダルに出さないとのやり取りも描いていたが結論は「油がない」だったがこれは映画の大嘘だ。
 比叡級の4隻の戦艦はガダルに投入し戦艦どうしの撃ち合いも展開し、比叡霧島は戦没している。アメリカは就役したばかりのノースカロライナ級やサウスダコタ級などの新造戦艦をドンドン投入している。敢闘精神がまるで違う。大和武蔵を投入すればガダルの戦いもそうとう様相が変わったはずだ。この段階で戦艦を使わないから日本の戦艦は金剛、榛名以外は全く活躍しないまま航空攻撃と潜水艦に沈められ敗戦時浮いていたのは長門だけだった。
 更に山本連合長官の愚将たるところは豪遮断作戦として南太平洋の島嶼に陸海軍を展開させたものを早期に修正しなかったことである。
 ガダルカナルもその中に入るが、終末攻勢点を超えて島嶼に兵を配置した結果、制海権と制空権を奪われてからは補給にも救助にも行けないから、米の飛び石作戦で捨て置かれた島では餓死、攻められた島では全員玉砕を強要したことである。南太平洋海域では50万人の日本軍将兵が戦死しているが、その多くは餓死と戦病死なのである。
 海軍反省会の様子がNHKスペシャルで報じられ、それらに関する本がこの2,3年出ている。海軍高官が「陸軍粗暴犯なら、海軍は知能犯だ」と称しているのを知り、いい加減に海軍善玉論と米内、山本、井上の「反戦トリオ」バンザイの映画作りはやめた方がよい。
 反戦トリオの宣伝もやめて冷静に分析しよう 
 このトリオのうち井上のみは開戦前に第4艦隊の司令官として南方に追いやられ、終戦工作時期になるまで海軍中央から遠ざけられていたから責任は余りないが、米内と山本の責任は重い。米内は近衛内閣時代の海相を努め昭和12年8月に発生した第2次上海事変において、閣議で断固膺懲(懲らしめるの意)を唱え、陸軍派兵を主張し全面戦争論を展開。さらに8月15日長崎から南京に向けて96陸攻(双発1トン爆撃機)による渡洋爆撃を敢行した。渡洋爆撃は上海・揚州・蘇州などへ主要都市へ拡大し連日爆撃(アジア版ゲルニカと呼ばれる)。これにより日中戦争の戦火が各地に拡大した。昭和13年1月の大本営政府連絡会議では、「蒋介石を対手とせず」の第一次近衛声明に賛成している。
 また自身が総理の昭和15年2月、支那事変が解決せず国民兵士の犠牲が増え続けていると斉藤隆夫の「支那事変処理中心とした質問演説」を受け極めて官僚的な答弁をしている。
 斉藤はこの演説質問をやり玉に挙げられ議会を除名させられる。有名な「反軍演説」として議会史に残るが、演説後、米内は「なかなか痛いところを突く」と斉藤を評価していたらしいが除名の狂気を止めることもない。反軍トリオは戦後かなり脚色されたのではないか。
 昭和20年8月14日阿南陸相は割腹する際に「米内を斬れ」と部下に命じているが、米内がアメリカと取引をしてうまく立ち回るのを察知して斬れとしたのではないのか。米内の渡洋爆撃などは戦犯に指定されてしかるべきだが、米内は戦犯にもならず東京裁判でも海相や総理時代の責任を追及されていない。戦争責任はアメリカとの取引と戦後マスコミによる海軍善玉論で有耶無耶にされたままだ。
 こう言うことを考えれば山本も米内も悲劇の司令官ではなくむしろ凡将、愚将と言うべきで、米内に至っては卑怯者の範疇に入るのではないか。映画では参謀の黒島亀人が出てくるが、ふんどし一つで線香炊いて作戦を立てる異様さの描写はないし、何よりこの参謀が昭和18年から軍備担当となり特攻兵器を様々考えだし、多くの若者を死に追いやって、恬として恥じず戦後生き延びた「狂将」である。「狂将あって万骨枯る」の象徴であるがそれすら描いていない。
 またミッドウエーで飛龍と共に沈んだ山口多聞や小沢治三郎に早くに機動部隊の指揮を執らせたらと意見も幾つもあるが、結局そう言う人事ができなかった海軍に根本的問題があったのだ。 
 この様に山本提督などとても賛美などできない。山本以上の戦略家がいなかったというのが通説だが、その通りの海軍だったとしたら、まさに亡国の海軍だったとしかいいようがなくなる。私達が求めている軍港資料館では海軍反省会資料コーナーでもおいてこう言うことにも触れた方が良いと思う。
神格化の偶像崇拝は止めた方がよい 
 最後にこの映画で気になったのは将官の私生活の描写だ。質実剛健を表現したいかのも知らないが時代考証がなっていない。当時の軍高官の威光は凄く海軍大将の家があのような惨めな家で、また食事も昭和20年ならともかく、あれほど質素なわけが無い。むしろこの映画表現の方が刷り込み効果として罪が深いかも知れない。当時は佐官以上の軍人の家ではどこでも女中を一人二人おいていた。私の母も昭和17年の結婚まで、ある銀行職員の女中をしていたが、主人の同級生に海軍士官がいて、その同級生の誘いに奥さんのお伴で戦艦長門に乗艦し士官食道でランチをご馳走になった話しを聞いたりしたが、海軍故にテーブルマナーを教えられたりに英米風なハイソな暮らしの様子を聞いていた。
 この映画に限らず山本の神格化のために、戦時中にも係わらず愛人とのラブラブ関係を続けたことを描かないが、山本は昭和8年より芸妓の河合千代子を愛人としており、撃墜死の直前まで多数の恋文を書き、本妻そっちのけの様子が分かる。多くの将兵が命がけで戦っている最中、色恋沙汰にふける姿に聯合艦隊司令長官として資質を問う声も多いことも知った方がよい。もう海軍善玉論と山本神格化は止めにした方が後世の為だ。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2012-01-23 11:38

<< 元陸将補池田整治さんの講演 世論調査に騙されず真の政治を探ろう >>