この国の真実を知ることが優先

この国の真実を知ることが優先

 民進党代表戦が終わり、2重国籍だのと違法でもないことをことさら取り上げて蓮舫は攻撃されたが、断然の差で前原と玉木を退けた。
 しかし党幹事長に裏切りの限りを尽くして民主政権を安倍の前に差しだした、従米と新自由主義の走狗である野田を据えるとか言うのでこれで、もう民進には期待などしてはいけない。
 参院選での野党共闘の際、前原らの第2自民党勢力は共産党はシロアリだとか言ったが今や共産主義の脅威なんて日本にはない。
 いまある本当の危機は国民と国を売る新自由主義なのだ。これはシロアリなんてものじゃない。毒蛇、悪魔の類である。
 これを立法府で不平等社会とアメリカについて自衛隊を差し出すという法制化をしているのが自公勢力と、裏で協力する民進に巣ぐう新自由主義者と対米従属派である。
 この連中が多年に亘って日本の独立を妨げ、多国籍企業のために奉仕して、これほどまでの不平等社会を作ってきた連中だ(国民は騙され続けている)。
 真実を知って野党再建をしないと本当に私達の財産と命が更に危うくなる。
 ということで横須賀で真実を知る連続学習会を催す会を立ち上げた。
 お披露目の講演会を以下開催します。
f0165519_16361183.jpg

 チラシにある呼び掛け文を、掲示では読みにくいと思うので、ここに再掲しておきます。的外れの運動を繰り返さないためと、誤った投票行動をしないために、お出かけ下さい。
呼び掛け文
 バブル景気後の「失われた25年」の閉塞状況は新自由主義支配によるものです。
 新自由主義は80年代レーガノミクスとして始まり多国籍企業が国境の垣根なしに自由に活動出来て儲けが独占できるように法律や制度を変えてしまう悪魔の思想です。 
 これでアメリカは1%の富裕層が99%の国民を支配する国になってしまいました。
 新自由主義は国民を守るための制度を「既得権益」と批判し、構造改革と称して規制を壊し非正規雇用と派遣社員を常態化させ、日本を不平等社会に変えてしまいました。
 アメリカと多国籍企業は豊かになった日本を狙い、30年前から国民共有財である国有企業や郵政を私営化して乗っ取り、また小さな政府論をメディアを使って拡散し、地方自治を破壊し、福祉や社会保障を切り捨てをさせています。
 新自由主義に染まる首相は中曽根、小泉、安倍とアメリカの庇護を受け長期政権でグローバル企業のために奉仕します。安倍改憲は実は新自由主義の為でもあります。
 大手メディアはこの本質を絶対に報道しませんが、日本がここまで不平等社会となり、貧困化している原因は新自由主議政策です。
 国会議員は新自由主義者と対米従属派が与野党で多数を占め、それ故に国民は、暮らしと命が危機に晒されています。
 私達は経済や軍事支配の本質を見抜き、それに対抗できる活動をする必要に気づきました。
 真実を知るための連続学習会の立ち上げで第1回の公開講演会を行います。
 騙されず煽られないために、市民多数のご参加を期待しています。

 国民生活を守るには新自由主義から訣別する! 
日 時:9月29日(木)午後7時より
場 所:汐入産業交流プラザ第一研修室
講 師:鈴木宣弘さん(東京大学大学院教授)
参加費:600円(学生300円)

  この日から会員募集を始めます。会の名称は改めて決めます。
              一柳 洋
[PR]

by ichiyanagi25 | 2016-09-16 16:44

<< 映画『クワイ河に虹を架けた男』 民進党首選の三文芝居 >>