安倍とメディアの北朝鮮危機に煽られない!

安倍とメディアの北朝鮮危機に煽られない!
 
 またも騒ぎ続ける北朝鮮の「暴発」期待の報道ラッシュである。
 氏素性の分からない軍事評論家とかいかにもアメリカに育てられたらしい連中がテレビに跋扈している。こういうワイドショウやニュースを日本では古来から「眉唾」モノという(眉に唾をつければ、狐狸にだまされないという俗信に基づく。 欺かれないように用心をすること広辞苑第五版])。
 とりあえず25日の抗日義勇軍85年記念日が過ぎるまではミサイルを撃つか核実験で大騒ぎをし続けるのだろう。森友学園の次の安倍を追い込むはずの加計学園問題もこの報道で一切触れない。これは安倍政権とメディア幹部そして電通の「共同謀議」かも知れない。
 お笑いなのは避難訓練までさせようとの動きである。核ミサイルや細菌兵器が降ってきたらハンカチで口を押さえて建物の中に避難とはあきれかえる避難策である。戦争中の焼夷弾は消すことが出来るから逃げずに消せという戦前の防空法と同じだ。こんな子供だまし以下の宣伝報道に煽れないを肝に銘じよう。
 北をやっつけて貰うのはアメリカに頼るしかないとして原子力空母歓迎の報道ばかりだが、今回少し違うのはトランプだから何をするか分からないと、新たな「米大統領危機」を強調していることだ。う~ん、益々煽られないことだ。
 だいたい北のプロレス的口げんかで、在日米軍基地が標的なんて言うのは、はったりに過ぎず、世界は日本はアメリカの属国で、在日米海軍基地は日本のためでなくアメリカのアジア覇権のためにおいてあるを知っている。
 特に横須賀基地は米海軍第7艦隊の根拠地であるから、ここを攻撃すれば日本の真珠湾攻撃と同じ事になるのだ。そんなことをすれば北朝鮮というか特に金正恩の存在はありえなくなる。
 北朝鮮との戦争に日本が口を挟めるわけがないのも世界の常識だ。だから日本の役割なんてないのだ。増して安倍である。アメリカや中国に具体的問題解決策を提示できるわけがない。
米中首脳会談の合意がキーである
 騙されない為に一番肝心なのは4月初旬にフロリダで行われたトランプ習近平会談でなんの合意がされたかを知る事だ。日本対米従属メディアはこの報道をまったくしない。
 ある意味極秘だから情報も取れていないのだろうが、一番肝心なところはここだ。
 繰り返す。安倍なんて米中ロ世界の三大覇権国にはまったく相手にされていない。
 属国は宗主国アメリカに着いていくだけだから、トランプ自体だって金を撒き上げる相手としか見ていない。後は軍事官僚である防衛省がアメリカの手足になって動かないように歯止めをかける事だ。民進も野田執行部では何も出来ず国民の支持を失うだけだ。
 とにかく、そう簡単に核戦争など起きないことを先ず知ろう。
 戦後どの戦争でも紛争でも核兵器が使用されたことは一度もない。ここが一番重要なところだ。もし戦術核を含めて北朝鮮が核ミサイルを撃てば金正恩体制は間違いなく潰される。
 あらゆる課題で政府とメディアに「煽られるな脅されるな」がこのブログの一貫したテーマである。 

 副島さんの重たい掲示板に米中首脳会談での「合意事項」が書いてある。それを読んで貰うのが一番だが、ヒラリーなら北を挑発して、全面戦争に行かせたがトランプはあくまで局地戦で片を付けると。今年は武力衝突はない。あるとすれば約1年後。その際は先ず北に手を出させてアメリカが「正当防衛」でミサイルサイロなどをバンカーバスター・ミサイル(通常兵器中最大の破壊力を持つ)を打ち込んで徹底破壊し、その後、中国軍が地上戦で大兵力を送り込み金正恩を殺し、金正男の息子を新国家元首にして政権をかえる(その侵攻準備に時間が掛かるから今年中に戦争はない)。
 アメリカは必ず北を挑発し先に撃たせる。地上戦は中国軍に任せるとの合意が行われたというのである。預言であるがメディアが一切触れないところだ。
 ここは日米のネオコン勢力に煽られないことを肝に銘じよう。不服従の精神的抵抗運動で騒がず落ち着いて普通の生活を送ろう。
安倍支持率の嘘に騙されず先ず民進分断を
 預言で言えば残念なことがある。先週電話で副島氏に4月末に森友学園の責任で安倍を退陣せざるを得なくなると重たい掲示板に書いていたが、このムードでホントにそうなるかと尋ねたら、彼は「残念ながら安倍は乗り越えてしまった。夏までは持つ」と言うことだった。
 衆院選は秋以降が濃厚だ、安倍打倒のためには先ず民進を自公行きと自由共産合同野党組に分裂させることが必要だ。今の4野党共闘でなくて、政策合意で隠れ自民を排除した真の野党を作り、無党派層である全有権者中の3割を獲得する野党統一候補を作る事である。 市民運動も今の民進を入れた4野党共闘には引導を渡すことだ。 
[PR]

by ichiyanagi25 | 2017-04-23 11:44

<< マスメディアの尻馬に乗る議員辞... 告知記事 >>