民進党を解党させよう

民進党を解党させよう
 都議選の結果は自民大敗であったが、実質右翼自民の小池が仕掛ける、自分ファーストが大勝した。
 そして自民と同様に大敗したのが民進である。メディアは安倍自民の責任に集中したから余り触れられていないが、こちらの方が党として消滅可能性の高い大敗北である。
 8年前は51議席を取った民進(当時は民主)は、野田が安倍に大政奉還した翌年の4年後15議席と3分の1以下になり、ついには今回5議席と壊滅寸前になった。
 今月25日に民進党の両院議員総会があり、そこでは当然都議選の結果を問う、厳しい意見が出る。更には民進の政党支持率がついに5%を切り、支持政党なしが6割を超える国民意識を受けて、蓮舫・野田体制の責任を問う声が上がり、分裂の可能性があると言われている。
 歓迎である。どうぞ分裂してくれである。
小池に着いていかない骨のある者で野党再編 
 小池にくっつくのは国民も冷静に見るから、維新ブームのようなことにはならないだろう。民進の非自公派でまともな野党にしようと思う勢力は、安倍と違うところを明確に言えば良い。
 要は安倍がこの5年にやってきた売国政治を全て覆す政策で一致することだ。それがわかりやすい受け皿作りになる。
 統一政策は
 脱原発 
 アメリカの家来になって海外派兵しない
 新自由主義経済からの脱却で国民の暮らしを守る
 消費税5%に戻す
 くらいで一致することだ。
 脱原発を貫徹すれば連合の基幹労連(鉄鋼、造船、電力、自動車)は支持しないからわかりやすい。労働者のことを考えない連合に対しては、国民が排除すれば良い話だ。 私達は、わかりやすいことを要求しよう。
 無党派層は6割を超えたことを忘れず、自公維と小池ではない野党の結集である。
市民も声を上げる 
 そして市民は 、民進に巣ぐう日本会議所属議員と、共産党との共闘を妨害する、民進議員は推薦しないと、野党統一候補の条件を突きつけることだ。
民進が分裂することによって野党再編は加速する。私達が期待する真の野党像は明確だ。
 安倍の体たらくで、これほどまで政権がレームダック状況になっているのに、解散も求められない野党第一党などあり得ないのだ。退場である。
 民進の何が悪いか本質を言わないメディアだが、国民はもう分かっている。市民が声を上げて民進解体を促進させ、解散を求める野党共闘を要求しよう。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2017-07-15 15:38

<< 選挙とは主権の行使を託す厳粛な行い 小池フェイクに騙されない >>