<   2003年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

追浜に磯浜を復元しよう(その2)  第1回イベント調査行われる。

追浜に浜を取り戻す-東京ガス ガス発電所 水際線開放をもとめて-
10月25日土曜日に追浜に浜を取り戻すための調査イベントが行われました。
 私も含めダイバー3人、地元追浜浦郷から4人の釣り人も参加し、釣り、ボサ、潜水調査により生息調査が行われました。
 金曜日には神奈川新聞に事前掲載され当日夕方、テレビ神奈川のニュースにも取り上げられました。また休日にも係わらず東京ガスからは担当職員がお出で頂き調査に便宜を図ってくれました。感謝申し上げます。
 ただ残念だったのはこの時期にしてはヒドイ赤潮がでており(1週間以上ヒドイ赤潮が続いている)潜ってみると透明度は1m以下で目視確認も困難なことから潜水生物調査は11月1日に順延しました。
 釣りによる生息魚種調査ではマハゼが比較的多く釣れていましたし、美しいイトヒキハゼも2匹釣れましたがカレイやキスなど全体的に砂地の魚が多かったようです。詳しくは潜水調査で海底環境を確認したいと思いいますが、潮間帯を見るとアカフジツボなど外洋性の生き物が多くついていました。調査結果詳細及び写真は潜水調査後に掲示しますので楽しみにしてください。
 この調査を基に11月4日に東京ガスと交渉します。粘り強く同社と交渉し、また港湾部などと連絡を取りながら企業水際線の開放に引き続き、海辺公共管理で21世紀初頭に追浜に砂浜を取り戻し、昔のようにここで泳げるようにしたいと思います。今後磯浜復元に皆さまの協力をお願いします。会議への参加の他HP等でもご協力いただける方お知らせ下さい。
この時期のヒドイ赤潮 環境負荷増大のつけ
 10月19日頃から 東京湾内湾でヒドイ赤潮が発生しています。 この赤潮については私のHPリンク先の神奈川県水産総合研究所の報告をお読み下さい。今年夏は長雨や大雨により合流下水道の流入により東京湾のみでなく相模湾でも赤潮が頻発しました。小田和湾では綺麗な入り江にしか生息しないウミヒルモの撮影を予定していましたが8月9月の2ヶ月は濁りがひどく潜水出来ませんでした。
 常識的には水温が低下していく10月下旬にこの様なヒドイ赤潮が1週間以上も続く事はないのですが、9月に残暑が厳しかったことや先週来幾度か雷雨など豪雨が起きたことにより合流下水が東京湾に大量流入し、季節外れの大赤潮に繋がったものと思われます。特に20日前後に発生した赤潮は粘液質が強くまるで油汚染のようでした水総研のHPで写真が掲示されています)。 人為的汚染により東京湾の生態バランスが崩れ今までにない赤潮が出てきたのが今年の特徴です。この様な赤潮の頻発が生物相にダメージを与えるのは確実でしょう。行政は赤潮の原因特定を政治的に避けています。こういう状況では政治家が東京湾を始め内湾汚染にもっと注目し原因(合流下水が殆ど)を有権者に明らかにする必要があります。政治家が内湾汚染に対して余りに無頓着です。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2003-10-28 00:00

追浜に磯浜を復元しよう

   東京ガス・ガス発電所水際線開放のためのイベント開催
 アピール
大規模埋め立て、合流下水の大量流入など20世紀後半に大きなダメージを受けた東京湾ですが今、横須賀市は10年ぶりの港湾計画改訂に取り組み2004年度をめどに同計画の改訂を目指しています。
 今度の港湾計画策定では法改正により環境に配慮することが求められています。横須賀市の港湾区域(追浜から野比)には観音崎を中心に自然海岸が残り、そしてそれぞれの垂直護岸の前にはまだ多くの魚介が生息しています。
 国際海の手文化都市を都市像とする横須賀ですが、海岸線への立ち入りではどうでしょうか。本市の場合戦前戦後の埋め立てにより追浜から馬堀まではコンクリートで垂直に固められ、また追浜から新港までは企業占有地や日米海軍の基地として市民が立ち入ることができない海岸になっています。
 そこで私達「よこすか海の市民会議」は今回の港湾計画改訂を契機に、失われた海岸線へのアプローチをするため遊水海岸の実現を求めています。遊水とは海に触れるだけでなく泳ぎ潜ることを目指す考えであり、さらに磯浜復元をめざす考えです。私達は垂直護岸をなだらかな護岸にし、同時に立ち入れる海岸線を増やす活動をしています。
 具体的には国、市に対し馬堀、大津地域に磯浜復元を求め、追浜では企業護岸の開放を求めています。
 ー横須賀で始めての取り組みー企業占有地の開放論議ー
 さてそこで今回提案する追浜の磯浜復元ですが、東京ガスが建設するガス発電所用地の水際線開放を実現することです。
 私企業の水際線開放は横須賀では始めての取り組みであり、全国的にも極めて珍しい取り組みです。東京ガスの理解を得て、この海岸線を開放して貰えば将来市の計画として磯浜復元などに道が開け、追浜に浜を取り戻すことも視野に入ってきます。
 そこで今回この企業水際線開放の意義をアピールするため、以下のようにイベントを開催します。「追浜に浜を取り戻す」ための第1歩としての調査イベントです。TV新聞各社に取材要請しておりますが一般市民の方々の見学もできます。どうぞ皆さまご注目下さい。
 
     日時 10月25日(土)午前10:30分より
     場所 浦郷町5丁目東ガス発電所前面海域(東亜建設横)
     目的 潜水調査及び撮影により魚介及び底生生物確認
     方式 ボサ、蟹籠等による生物調査
         市民参加の釣りによる魚種調査
        以上をダイバー、市民、NPOにより行います。
当日の調査結果を発表し、東京ガスとの交渉をおこない、また行政支援を求めて参り
ます。市民協働の磯浜復元です。 市民の皆さまの参加をお待ちしています。

主催 横須賀海の市民会議   連絡先 一柳 090-3592-5578

f0165519_1115258.jpg

1,ムレハタタテダイの幼魚 遇来種。黒潮に乗って入ってくる。 東京湾に入る南方性の魚で横須賀を越すものは少ない。やはり横浜以北の海の環境は魚にとっても厳しいようだ。何種類かのトロピカルフィッシュ(主に幼魚や未成魚)が入ってくるが冬の寒さに耐えられないので死滅回遊魚といわれる。何はともあれ追浜の海で南の魚に会えると嬉しくなる。(1999撮影)

f0165519_11151099.jpg

2,カサゴ 横須賀の岩場でおなじみの美味な魚。結構釣られているが漁獲は減っている。 東ガス発電所前の海は砂地に所々捨て石や岩礁があるのでカサゴ、メバル、アイナメのような岩礁性の魚も生息している。アイクル前より釣れるとか?(1999撮影)

f0165519_11151782.jpg

3,ボサ 縄文時代からある「漁具」で枝を括り海に漬けておくと小魚やエビ、カニ等が葉っぱを隠れ家に入ってくる。引き上げるとき獲物が落ちないように網で覆う様子。今回もボサを入れ、この海にどのような魚介類がいるか調べます。(1999撮影)
[PR]

by ichiyanagi25 | 2003-10-22 00:00

■医療事故を患者の努力で防止する

法律用語に予見可能性と結果回避義務があります。この所また医療事故が様々報じられていますが、私の体験(2度のガン体験と1度の失敗)と取り組んでいる緩和医療や終末医療の充実を通じて感じるのは、患者の努力で事故のかなりの部分は回避できるのではないかと言うことです。事故まで至らなくても下手な医師にかかり合併症、縫合不全などにあえば苦しい目に遭うのは患者です。
・・・インフォームドコンセントとセカンドオピニオンで医療事故防止を・・・・・・
 まずインフォームドコンセントを十分とる事です。そしてセカンドオピニオンを取り、診断が間違っていないか標準的な治療法なのか、またその医師の手術件数や術後一月以内に死んだ患者がどのくらいいるかなど問えばその医師や病院のレベルはある程度つかめます。予見可能性は患者の努力で獲得できます。後は結果を回避することです。セカンドオピニオンで結論が出なければサード、フォースと取ります。私の聞いた話では最高6Sオピニオンまで行き結論を出した方がおられます。
 なおセカンドオピニオンは医者の梯子ではないことを改めて強調しておきます。ファーストオピニオンに戻ること留意しながらセカンドオピニオンを取ることです。ですから両方の医師にその事を告げなければ意味がありません。レントゲンなどの資料や診療情報提供書も必要です。患者また家族がインターネットで資料を求め本で勉強し、そして自分は何のためにその治療を受けるのか、自己決定、事故責任を自覚すれば予見可能性は高まり、悪い結果を回避することが出来る確率は高まります。「先生この手術時輸血は何単位用意されますか」との質問でその医師のレベルが分かることだってあると専門医は証言します。
 日本人の「先生にお任せ」との意識が医療事故の減らない一つの原因にあると思います。勿論医療事故の責任は第一に医師にありますが25万人以上(弁護士の10倍以上)いる医師は当然玉石混合であるとの認識を持ちたいものです。
 インフォームドコンセントとセカンドオピニオンについては私のHP「医療」をご覧下さい。
 またこの医療覧に書いてありませんが、癌の場合などは最初の診断や治療法の選択は勿論ですが、終末期や完治が難しい場合にもインフォームドコンセントとセカンドオピニオンは重要です。死ぬ3日前まで抗ガン剤を投与されるとか、一般病院では疼痛コントロールや栄養補給など知らない医師が未だ多いというのが実態です。充実した人生を送るにも悔いのない(死にたくないのはわかりますが)人生の最後を迎えるためにもインフォームドコンセントとセカンドオピニオンそして自己決定が重要です。
 困ったら私に相談してください。なおどうして良いか分からない方は御連絡下さい。相談に乗ります。
 電話は866-4561です。Eメールでも結構ですがこちらが書き込むのに時間がかかるので相談は電話にしてください。なお特別な事由がない場合以外は匿名相談についてはお断りします
[PR]

by ichiyanagi25 | 2003-10-20 00:00