<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

民生常任委員会報告 2

市民病院中待ちあい廃止を早期に実現
 昨年5月の民生常任委員就任以来、病院管理部には患者への配慮から市民病院の外来診療室の中待ち合い廃止を求めてきました。またこの4月から個人情報保護法が完全施行となり患者のプライバシー保護には一層の配慮が求められます。
 私は4年前自身の腎ガン告知の際、医師の声が泌尿器科中待ち合い室に漏れている事を確認していました。そこで3年半前から中待ち全廃を求めてきましたが、泌尿器科や婦人科などは特にプライバシーに配慮する必要のある科ではそれなりの対応をしてくれましたが、現場の抵抗があるようで全科廃止はこれまで実現しませんでした。
 理由を質すと「中待ちを止め、廊下に待たせた患者を呼ぶと一人当たり一分程余計にかかり診療時間が延びるから」というものでした。
 そこで3月の病院管理部の委員会審査日前に市民病院に行き、中待ちを存続させている外来診察室と中待ちあい室の状況を見てまわりました。同時に医師一人当たりの外来患者数も提出して貰ったところ、中待ちを廃止しても患者は困らない事が分かりました。
 うわまち病院では国立から市民病院への移行時に病棟改修をし、中待ち全廃を実現しています。そこで予算議会で改めて早急な中待ち廃止を求めました。病院担当部長は3月22日総括質疑の際「時期は今明示できませんが17年度中に必ず廃止します」と答弁しました。
 この記事を書くために3月30日市民病院を訪れると看護部の協力もあり中待ちを廃止していました。年度が変わる前に、しかも議会答弁から一週間で中待ち廃止を実現したスピード対応を高く評価します。
 前部長に「患者のためにしたのだからプレス発表したら」と言いましたが、その様子もない事からあえて皆さんにお知らせします。
f0165519_1543523.jpg
             新たな試みの市民病院の待合室
[PR]

by ichiyanagi25 | 2005-04-11 00:02