<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ガンに絶望しないでください

2/4医療対話集会チラシ


 やすらぎの会では昨年暮れより4人の医師と看護師により「ガン何でも相談」を開始しました。
 私の体験
 私は腎臓ガンと食道ガン手術から今年7月で5年目を迎えます。半年後の検査で転移再発なしとなれば治った事になり5年生存率達成になります。その後は県立ガンセンターでの検査も患者の希望選択制になるそうです。
 ガン克服状態になったことから3月11日(土)には桜木町駅前の健康福祉総合センターで「ガンに克つ元気の出るシンポジウム」(かながわ・がんQOL研究会主催)のパネリストとして出席する事になりました。私の体験では5年前退院後に説明不足による苦しい治療を数度行われた事からガン患者の緩和医療は末期だけでなく、あらゆる段階で必要であり同時に相談できる場が必要と訴えるつもりです。医療職は苦しい治療も自分で体験してないのでまるでガン患者を修行僧と間違えるような難行苦行の治療を「当たりまえ」で行います。
 医師によるガン何でも相談
 さて、やすらぎの会での相談活動ですが当初は会員向けに行い出しましたが、60名の会員家族が今ガンで悩んでおられるわけではないので、広く市民の皆さんにも開放することにしてマスコミにも紹介を頼んでいます。このサイトをご覧になり相談したい方は一柳宛メールでとりあえず相談ください。
 私は退院以来ガン患者の権利保障として中待ちあい廃止のほか特にインフォームドコンセント、セカンドオピニオンの実施を求め両市民病院ではいずれも実施され、掲示もされていますが、患者さん自身から、「セカンドオピニオンをとりたいので資料を貸してください」と言い出せる人は未だまだ少ないことが分かりました。
 又治療がはかばかしくない場合どう主治医に聞いたらいいのか迷っている人もかなりいるようです。それと治療方のない段階になった場合患者にどう説明したら良いか分からない医師がかなりいると言うことです。よく病気を診て人を見ない言いますが全くその通りの医者は数多くこれは日本の医師教育制度の弊害だと思います。「苦しく効果のない治療をするより残りの人生を有意義に過ごすことを考えましょう。私もできる限りの援助をします」といえる医師は本当に数少ない状況です。
 そして自分でどうして良いか分からないが何んとかしたいと思うので、「この抗ガン剤は効果は薄いと思いますがあなたが希望すればやってみましょうか」などと責任転嫁のような事を言うのです。しかし本人は悪気があるのではなく、死を認め治療をやめることは敗北と習っているので他の選択肢を考えられないのです。抗ガン剤で抵抗力を奪う事より患者が動けるうちに好きなことをして貰う方がよほど悔いのない人生を送ることができます。
 この何でも相談はガン告知の段階から終末期までまたインフォームドコンセントやセカンドオピニオンの取り方も気軽に相談をお受けします。一人で悩むことが一番いけません。また家族の方の相談もお受けします。どうぞ諦め悩まないで相談ください。
 なおチラシにあるように2月4日には緩和医療のあり方についてのセミナーを行います。入場自由です。ぜひご参加ください。
 健康の時はこのような情報も見過ごしますがその時の準備で認識しておいて下さい。end
[PR]

by ichiyanagi25 | 2006-01-31 00:00

お通夜に地元総理の献花はなし


  昨日米兵に殺害された佐藤好重さんのお通夜が米が浜おりょう会館で行われ私も弔問に伺いました。 
 驚いたのは米海軍司令官以下キティホーク艦長らの将官に始まり左官尉官クラスから下士官兵に至る100名ほどが弔問に訪れていたことでした。謝罪の意志を十分に表すためのようですが幹部クラスは婦人も同伴していました。なお米海軍関係者の弔問は一般弔問客の後に許されていました。事前にキティホーク艦長らが遺族に謝罪に来たため弔問を許されたそうです。
 祭壇の脇の献花では米海軍作戦部長を筆頭に第7艦隊司令長官、キティホーク艦長ら米海軍関係の生花が4つほど並んでいました。
 日本政府関係では外相、防衛庁長官の献花はあった物の地元選挙民が殺害されたのに小泉総理の献花また代理弔問もないことが気になりました。ずいぶん冷たいと感じたのは私だけでしょうか。
松沢県知事は私の前に一番に焼香され帰られましたが、蒲谷市長は自身の賀詞交歓のためか私が帰られてから弔問に見えられたようです。
米海軍関係者の謝罪の意志は表されていましたが、裁判でどうでるのか、公務中ではないので賠償はどうなるのか、がこれから問われるところです。日本政府も同盟関係にある米兵に自国民が殺害されたことをどう考え保証するのか問われなければなりません。
 また市議会でも市民を今後どう守っていくのか、が問われます。地位協定の改定を求めることはもちろん事件の再発を防ぐことと被害者の泣き寝入りを許さない制度を作ること求められます。新聞に葬儀の掲載がなかったからかと思いますが、議員の姿は私以外目に付きませんでしたが市、県、国会での各議会で論議を求める必要があります。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2006-01-12 00:00

緊急声明


 3日早朝米が浜通で起きた米兵による殺人事件の被害者は知人のお姉さんでした。
 身近な人が米兵の鬼畜のごとく無惨な手口により殺害されました。殺害状況を聞くにつけ改めて怒りがこみ上げています。
 TV新聞報道などで明らかにされていますが返り血を浴びたまま基地に帰るなど犯行を隠そうともしない態度は犯人の異常性によるのなのか基地に逃げ込めば何とかなると思ったのか、いずれにしても驚かされます。
 これに対し市民の生命財産を第一に守る責をおう市長の態度に物足りなさを感じています。
 新聞報道による市長のコメントは「事実なら極めて遺憾。今は被害者のご冥福を祈りご家族にお悔やみ申し上げます。事実関係が明確になった時点で市としての対応を考えたい」です。しかし6日午後現在キティホーク乗組員による犯行は横須賀基地司令部も認めているところですが身柄は引き渡されていません。まさか1995年に起きた沖縄での少女暴行事件のような対応はないと思いますが、市民を代表する市長は政府、米軍に対し直ちに身柄を日本捜査当局に引き渡すように要求すべきではないでしょうか。
 これは米兵により市民の安全が直接脅かされる喫緊の問題です。明日から連休に入りますが連休など関係なく市は求めるべきと思います。
 現在連携する弁護士が出張中のため帰り次第相談し、市が緩慢なまま推移するなら、具体の行動をとりますが、今回の事件は断じて許さず、今後必要な対応をとることを表明します。
2006年1月6日午後2時
                    市議  一柳 洋
[PR]

by ichiyanagi25 | 2006-01-06 00:00