<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

靖国に参る地元総理の歴史観は


 地元小泉総理が8月15日靖国神社に参拝しました。
 TVではステレオタイプの賛成反対論が紹介されていますが、地元総理が子供の喧嘩のような言動で参拝する姿をみると、総理の心中に国民の命がどう映っているか、かいま見た気がします。さらに驚いた事は世論調査で拮抗していたとはいえ半分の人が参拝を支持したことです。そして小泉参拝を批判した加藤紘一邸が焼き討ちテロにあった事も危惧される傾向です。以上の経過から少し日がたちましたが感想を書いてみました。
 しかし小泉参拝に賛意を示す国民は先の大戦で招集された兵卒がいかにひどい死に方を強要されたかを学んでいないのでしょうか。陸海軍部が差別意識の元、平民兵士の命を軍人勅諭にあるとおり「鴻毛」のごとくに扱った事実を学べば、総理大臣の靖国参拝がいかに問題か気がつくと思うのですが・・・。
 英霊というのは責任のすり替え
 靖国神社を論ずるとき参拝派が必ず口にするのが「英霊」と言う言葉です。私はこの言葉に違和感を覚えます。「英霊」の多くはガダルカナルやインパール作戦にみるように補給途絶で餓死と栄養失調から来る病に冒され死んでいます。敵との直接戦闘による死より補給途絶、治療が行えなくてみすみす死んだ人が圧倒的に多いのです。
 取り上げた両作戦は、日本に余裕のある時代でしたが、ガダルではアメリカを見下し、アメリカに屈する事を許さず、歩けない兵士に自決を強要したのです(根本は軍人勅諭や東条陸軍大臣の戦陣訓にあります)。無謀かつ愚劣な作戦で兵士を殺しておいて、英霊と祭り上げれば戦争責任は免責されるのでしょうか。日本人として自国民を平気で殺して責任を問われない戦争を検証し、過ちのないシステムをつくることが肝要です。
 靖国史観が根本的に問題なのは軍上層部のエリート意識に基づく平民への差別意識を当たり前とし、選民思想に基づく価値観を主張していることです。それ故に卑怯な職業軍人達に触れない事と、陸士、海兵出と陸大、海大出の軍人(戦争指導の中枢にいた連中)の責任に口をぬぐって何も語っていないことです。
 ガダルカナルに大本営から乗り込み作戦指揮をした辻参謀のような問題軍人は、勝つ見込みが無くなると一般将兵を見捨て島から逃げ延びましたが、残された部隊の撤退はそれから3ヶ月もたってからで、弾薬、食料、医薬品がつきた3ヶ月の間に大量の餓死、病死者を出しています。
 卑怯な高級軍人達の責任は問えない靖国
 ガダルカナルと並び酷評されるインパール作戦(ビルマの山岳地帯からインド駐留のイギリス軍制圧を目的とした)の牟田口中将も同様です。補給の保証が無く陸軍各方面からも反対が多かった作戦の敗退路は白骨街道(別名靖国街道)と呼ばれ数万人の餓死、病死者を出すむごい作戦でした。兵士達の白骨死体でつながるインド国境沿いの山道を靖国街道と名づけたことは見事に事の本質を突いているように思います。
 愚将の指揮に耐えかねた親補職(天皇が直接任命する)の師団長が抗命するという日本陸軍史上あり得ないことがこの時起きます。元来作戦に反対だった佐藤師団長は、これ以上部下を見殺しに出来ないと無断撤退を命じ、夜間やっと15軍司令部にたどり着くと怒髪天を突く剣幕で「牟田口はどこだ、たたっ切る」と軍刀を抜いたそうです。その場に牟田口はおらず将軍通しの斬り合いは起こりませんでしたが15軍司令官をたたっ切るとして抜刀した師団長を抗命罪で軍法会議にかけると無謀な作戦を命じた自分たちの責任が明るみにでるところから、師団長を発狂扱いして解任し責任をうやむやにし戦後も居直り続けました。
 なお牟田口は戦後英軍から戦犯として逮捕されましたが、愚劣な作戦のおかげで却ってイギリス軍を助けたとして釈放されています。まさに愚将栄えて万骨枯るの典型で、なんたる皮肉でしょうか。しかしこういう事もしっかり学ばねばなりません。
 降伏を許さない日本軍は1943年アリューシャン列島のアッツ島の玉砕以降、中部太平洋を東京に向け進撃してくる米軍に対して、島嶼に残る守備隊には生還を許さない作戦を命じていきます(キスカ撤退作戦以来大規模救出作戦は絶無に近い)。
 攻撃を受けた守備隊には救出はおろか増援補給は一切無し(行けば沈められる)。「見事に死ねば」靖国に祀ってやるとの作戦命令です。米軍の反撃侵攻は1943年11月から本格化し、まずギルバート諸島のマキン、タラワを攻撃占領。1944年初頭にはマーシャル群島のクエゼリン、ルオットを。その後6月に北マリアナのサイパン、テニアン、グアム、そして同年秋パラオのペルリュー、アンガウル、45年2月には日本領土の硫黄島と、玉砕(捨て鉢突撃をして全員死なせる)の山を築いたのです。
 その中でもペリリュー島や硫黄島の守備軍は自殺目的のバンザイ突撃をせず、アメリカに出血を求め長期間善戦敢闘した例として米軍からも高く評価されています。
 硫黄島の栗林中将のように厳しい条件下で善戦敢闘した高潔な指揮官がいますが、卑怯な軍人ほど理由をつけて逃げ延び、戦後は靖国史観にたつ者が多いのも許せません。 海軍も国民の命を軽んじた事では陸軍と同罪です。大艦巨砲主義、防御軽視の帝国海軍は米海軍への対潜作戦をまったく軽んじたため1943年からは多数の商船がアメリカ潜水艦に沈められ、戦略資源と共に多くの船員の命が失われました。同時に移送中の陸軍将兵多数も水没死したので陸軍の海軍不信は頂点に達します。
 また特攻産みの親とされる海軍航空隊の雄、大西瀧次郎中将(終戦時割腹自殺)は終戦前夜、鈴木総理に「日本男子2千万人を特攻に出せば勝利すると」まで言い放っています。大西にしてこの言。一体誰の、そして何のための戦争をしたのでしょうか。
 英霊になったはずの将兵の対米協力 
 軍部は「国民は軍のために死んで当然」という論理であり、極論すれば国民を信用してないため死ぬまで戦えとなりました。降伏を許されなかった兵士は戦争犠牲者であり、英霊と美化して、命令した者の責任をうやむやにする事は国民のためになりません。
 降伏を許されないので一度捕虜になった日本兵は、最初、拷問処刑を覚悟するものの、治療をされ豊かな食料を提供されることで憎しみと恐怖から、すぐに感激と畏敬の念に変わり、同時に日本にもう帰れないと思い、驚くほど何でも供述しています。さらには米英軍に積極的に協力している様子が米公文書館の記録にたくさん残っています。戦後死んで英霊になったはずの20万人が捕虜として帰国していますが、死ぬことを強要する事がどれほど人道に反し、そして対米協力思想を生んだか分かるエピソードです。
 システム全体が狂っていた軍と政府
 もう一つ許すことができないのは陸海軍ともエリートは庇い合いの無責任体制だったことことです。海軍乙事件をご存じでしょうか?1944年3月31日、米軍侵攻情報に慌てた聯合艦隊司令部一行はパラオからフィリピンのダバオへ飛行艇で移動する際、低気圧に巻き込まれ古賀長官の乗る1番機は行方不明、福留参謀長の乗る2番機が不時着し島に泳ぎ着いたところを機密作戦書と共にゲリラに捕らわれてしまいます。その暗号文書は直ちに米軍にコピー解読され、作戦の手の内が米軍に筒抜けになるという大失態を演じました。この時まだフィリピンは陸軍が実効支配していたので福留らは救出されますが、日本に帰ってからも彼ら一行は自決もせず海軍からはおざなりの審問しかうけず、囚われた責と機密文書漏洩は不問に付され、作戦変更も行われませんでした。
 手の内を知った米軍は作戦を前倒しにしてサイパン、テニアン攻撃に入ったのは間違いないでしょう。(乙に対する甲事件は1943年4月の山本聯合艦隊司令長官撃墜事件-暗号を解読され待ち伏せ攻撃にあう-を言います)
 卑怯な軍人達の責任を問わない靖国ですが、卑怯でなくても国民を死に追いやった責任者は多くいます。要するに政府、軍部ともシステム全体が狂っており国民はその犠牲となりました。戦争終結を目的に組閣された鈴木貫太郎内閣の最大の誤りは肝心な講和の仲介をスターリンに求めた事です。又陸軍首脳はソ連参戦を漫然と見逃しています。これは陸軍幹部の中に共産思想への共鳴から米軍に降伏するより、ソ連に降伏した方が良いと考える連中がいたからと言われています。これにより満州難民とシベリア抑留の悲劇を生みました。勝手な思想で国民の命を弄んだとしか言いようがありません。
 またポツダム宣言について記者に質問された鈴木首相は「ノーコメント」と言えば良かった事を「黙殺」と答えた為トルーマンに原爆投下の口実を与えたとされています。
 いずれにしても国民の命を第一に思わない軍人達の妨害でポツダム宣言受諾まで日時を要しすぎ、このために空襲や原爆で多くの国民が殺され、沖縄や満州では民間人多数が悲惨なめにあいました。攻撃をうけた島嶼では玉砕の山を築き、ニューギニアなどに捨て置かれた兵士は、餓死するしかなく人肉食いの地獄絵も起こしています。そして1944年10月からは統率の外道である特攻に血道を上げ、生きていたら戦後各界で相当な活躍をしたであろう有能な学徒兵を何千人も犠牲にしたのです。
 戦争を学び犠牲者を追悼するには
 「内心の問題」と言い、いわゆる終戦記念日に挑戦的に参拝するのは小泉総理自身、少なくとも靖国史観を否定してない証だと思います。だから自民党員向けに参拝公約したのでしょう。私が基本的に反自民であり非小泉であるのはここに理由があります。
 しかし先の戦のありようは公教育では絶対に教えません。歴史教育は明治維新で終わるのが戦後一貫した文科省教育です。300万国民とそれに何倍する諸国民を犠牲にした戦争がどの様な思想と体系により行われたのかは自分自身で学ぶしかないようです。
 靖国神社は始めから天皇中心の国家を作るために作れらた施設であり、敗戦まではこの体制の為に戦う事を義務として国民に押し付けていたのですから敗戦と共に解散出直しすべきだったと思います。
 国民の命を軽んじ戦争を導いた人の顕彰にこだわるのか、それを否定するのかで靖国に対するスタンスは決まります。何れにしても戦争で犠牲になった人を弔うなら軍人優先をやめ、あの戦争で亡くなった人すべてを慰霊する施設をつくることだと思います。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2006-08-24 00:00

王監督のガン報道に感じるマスコミの姿勢

 プロ野球ソフトバンク監督の王さんが胃ガン手術を終え退院しました。
 一連の報道にマスコミの常識度を見る思いがしたのでガン手術の体験者として感想を述べさせて貰います。
 まず報道に接して誰でも胃ガンと思うのに「胃に腫瘍が発見され入院手術を受けるという」のが第1報でした。何で胃ガンと報道しないのでしょうか。本人にガンだろうと迫るのは良くないですが医師には確認しなかったのでしょうか?まさか言霊に支配されガンと書きたくなかったなんて事ではないと思いますが・・・。
 今時胃潰瘍で手術などしないのは広く国民が知ることですし、ステージの低いガンなら内視鏡で対応できます。腹腔鏡による施術と言うことですが全摘でしかも転移が一つあるそうですからすから、それなりのステージに達していたのでしょう(ステージについて知りたい方は国立ガンセンターの胃ガンサイトをご覧下さい)。
もったいぶった報道から進行がんで逸見政孝さんのように危ないのではと憶測も出たようです。昔と違って胃ガンの治癒率は向上著しいものがあります。胃ガンは日本人のガン死亡でこれまで男女とも1位を占めてきた関係で日本全国多くの病院で対応していてレベルもそう差がなく治療が受けられるガンと言われます。
そして最も呆れたのが退院会見時のTV報道です。
 術後2週間で足取りもしっかり退院会見と語っていましたが「小泉医療改革」で今は長く入院などしていられないのです。長くおいておけば病院は保健費給付を削られるので、少し前ならあと1週間くらいは入院だろう思っていても出されてしまいます(差額ベッド代をかなり払えばおいて貰えるでしょうが)。
 小泉改革の実態を理解しないと病院から見捨てられたと思う人も出てきます。ガン難民とかガン漂流とかのマスコミ表現はこれに起因している面もあります。また今の治療は手術後もすぐ歩かせ体力回復に努めるのが一般的です。マスコミはこんなことさえ知らないのか?と思いましたが、とにかく疑問ですね。
 あらゆるガン手術の中で最も重い食道ガン(腹部、右胸部を開き肋骨1本を取り更に首のリンパ郭清のため首まわりと合計3カ所を切ります)でさえ術後数日で歩かされます。私も術後3日目からICUの中を看護師付き添いで、管を何本も体につけながら廊下を何往復かしました。何日目から歩かせるかは医師が判断しますが、腎臓ガンの時は手術翌日から歩かされました。
 胃ガンならよほど術後経過が良くない限り2週間たてば大概は王さん並に元気に退院できます。特に侵襲度合(体へのダメージ)の少ない腹腔鏡なら余計体力回復も早いはずです。ただし一般的開腹手術でなく先端医療をけるときは病院選びが重要です。
 マスコミがインフォームドコンセントを受けてから報道した方がよいと感じたしだいです。
ガンに悩まず相談を
 ところで、やすらぎの会ではガンにお悩みの方が気楽に相談できるガン何でも相談を毎月第3日曜に行っています。初めての告知されたショックから在宅ケアまで顧問医師と会員の看護師さんが相談を受けています。一人や近親者のみで悩まず、まず専門家に相談下さい。私に言って頂ければ取り次ぎます。とにかく一人で悩まないことです。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2006-08-05 00:00