<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

又も引っ込めた副市長人事

又も引っ込めた副市長人事
 今月27日に臨時市議会を開き、人事院勧告による職員給与に関する条例改正と、報酬審議会の答申に基づく議員の報酬減額及び冬のボーナスを引き下げる議員提案条例を上程する事が決まっていた。今月中旬、吉田市長はこの臨時市議会に3定で「取り下げた」副市長のうち1人を提案したいとしていた。
 おかしい市長の前例踏襲主義
 横須賀市政では議会同意が必要な人事は「内内示」と称して、議運に提示(内示)する前に各会派の意向を聞く慣習(私の初当選時からやっていた)がある。吉田市長はここでもチェンジなしで慣例に習い前回9月、元職員のS氏(実名報道されているので椎名氏とする)とI氏を副市長にしたいと出してきた。しかし共産や無会派を除いて難色、反発を示す会派が多く、この意向を汲んで?新聞辞令後であったが吉田市長はこの「内内示」の段階であっさり取り下げてしまった。
 取り下げはマスコミ各紙で報じられたので市民の皆さんは、議会の多数が反対したと思われたはずだ。しかし公開の場(議運)に提案されたわけではないので、何が悪くて反対なのか不明のままである。あっという間の取り下げは議会をみた「あうん」の呼吸かもしれないが、結果市民には何も分からない中で取り下げてしまった吉田市長に、透明性ある人事をする気があるのか疑問に思った。 
 だいたい「内内示」などという方式は、今までの様に多数の会派が支持した候補が市長になって、提案人事に傷がつかないよう、まさに内々に会派の意向を聞く「穏便」な慣習であろう。議員3人の支持しか得られずに勝利した吉田市長が、それを踏襲する方がおかしく、透明性ある人事提案を議会側に要望すれば良かった、と私は思っている。
 またこの間、何故この人を副市長にしたいのか丁寧な説明が何一つ無かった事もよくない。要するに補佐役無しの政治空白の回避に知恵と努力が足りないのである。
 私達ニューウイングは二人の候補のうち特に今回出された元収入役の椎名氏については選挙時吉田市長のマニュフェスト作りに協力したという話があり、これは論功行賞と思われる事(そうではないとの説明も無かった)。また現在の深刻な財政難や来年4月に行われる市民病院移行問題等の難題に対応でき、かつ職員の評価もそれなりにあるのか、調べた。更に知見経験不足の市長を諫め、議会ともうまくやっていけるのかも調べたが、ご本人には申し訳ないが同意できるレベルにないと判断をした。決して「内内示の段階で市長がブンヤに話した」とかの理由で感情的に不同意としたわけではない。また絶対阻止とも思わないから選挙で過半の支持を集め就任されるなら、それでよいとも思っていた。
 目論見違い 
 そして今回の提案は各会派の意向も確認し自信を持ってと思っていた。18日には市長は朝から各会派の団長に会い「よしなに」とお願いして歩いていた。
 その際上地団長の「財政問題や市民病院移管についてきちっと対応できるのか」については、吉田市長は『椎名氏は10年前市民病院にいて日大医局とのパイプもあり、市民病院を黒字にしていたのでご理解を』と口説いたそうである。当会派で10年以前に議員だったのは私だけだから、そんな事はないはずと直感し、確認の為急いで調べた。
 真相はすぐ掴めた。今まで市役所内のみで事務職をしていた事務員が図らずも病院に出向して、簡単に医局とパイプなど出来るはずはないし、90年代は日大重視の関係で医師を供給してくれていた時代であり、拡張の時期と重なり病床を500にまで伸ばした時期だから赤字にならなかっただけ。あの当時、彼の個人的努(能)力のなど関係ないと言う事が分かった。
 さすが人たらしらしい口説き方だったと思ったが如何にせん、底が浅かった。現市長が横須賀に来たのは7年前にすぎず、既に市民病院は赤字の道を走り出していたのだから市長が当時を知るよしもないはずだ。誰の入れ知恵だかしらないが、相も変わらず小馬鹿にした「やりかた」と私達は受け取った。
  話を元に戻すが、市長が挨拶に回った18日の段階で、最大会派(各紙には新政会と出ている)がOKとの情報が入り、これなら提案すれば揺れている?2会派も同調して過半数の賛成はとれるだろうと分析した。だから当然20日の議運に提示されると思っていた。ところが19日の晩に『新政会が急転直下不同意となって、明日の議運には前回同様に引っ込めるらしい』と電話が入ってきた。
不透明性を排せ
 私達会派はこんな密室的やり取りで、理由も公表されず又も引っ込め、政治の空白を作るのは許されないと話し合った。そして20日の議運で人事提案の取り扱いを協議すべく発言する事に決め20日朝、その旨発言通告電話をしたが、事務局は提起されない事に質問や反論は出来ないと言う。事務方は所詮事務方だから正副議長に会見を求め、私はこの様な「密室」で決めているような事は市民の不信を買うし、議会にいじめられ引っ込めたとなりかねない。賛否が割れるならそれこそ公開の議場で各会派討論して賛成・反対の理由を開陳すべきと求めたが、報道によれば議長が取り下げ方を仲介したらしいので、埒があかない。やがて10時となり議運開始が遅れる事態になった。そこで、この様なやり方の継続は納得できないから緊急団長会議を開き協議して貰う事で話をつけた。
 議運後に開かれた団長会議でも人事提案の改善方については結論が出ず、また取り下げの原因となった会派の同意変更理由についてはハッキリ説明がなかったと言う。これらの状況では私達の尺度では市長、議会とも説明責任を果たしていいるとは言い難いとなる。このままでは藪の中は変わらず市民の不興を買うとも判断した。
 この団長会議において、人事提案の方式改善に意見が纏まらねばニューウイング横須賀は独自の行動を取る旨、団長は表明している。
 結論。この団長表明(宣言)に基づき私達は行動を起こします。具体には市長に申し入れますが、申し入れ内容等の詳細は来週、記者発表等を通じて明らかにするつもりです(発表後当ブログでも報告します)。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2009-11-21 15:11

どうなる市民病院-崩壊の危機?

どうなる市民病院-崩壊の危機?
 ある団体の会報に寄稿した記事ですが、多くの方々に読んで貰いたいのでほぼ全文転載します。

 今、横須賀の医療問題でもっとも懸念される事は、来年4月に公設民営化される横須賀市民病院でしょう。
 実は今、移管に対して病院内で「病院崩壊」にも繋がる状況が起きています。
市民病院は赤字が01年度から8年連続し、その累積額は27億8千万円(退職引き当て金を除く)となり全く改善の見込みが立たない事から、市議会は一昨年特別委員会を設置し討議の末(昨年秋)直営を止め(市の関与は残る)指定管理者方式をとるように蒲谷市長(当時)に提言しました。これを受け蒲谷市長は指定管理先に「うわまち」と同じ地域医療振興協会(自治医大系)を指定し、市議会も今年3月賛成多数でこれに同意しました。これで公設「民営」方式が決まったのですが、蒲谷前市長は議会からの提言を受けて僅か数ヶ月で指定管理者を随意契約で決めました。
 私はもう少し時間をかけても良かったと思っていますが、これにより来年4月から経営者は、民間に変わるので医師を含む全職員は地方公務員ではなくなります。
大量退職と事務職への職種変更 
 問題はここから始まりました。職員労働組合は職員の身分保障や労働条件が変わらないように当然交渉しました。説明が長くなるので結論を言いますと、来年4月に市民病院にに残りたくない職員は公務員で残りたいと思えば、事務職となれることです。
 現状の意向調査では240名の看護師中170名は病院に残りますが、70名ほどの看護師が看護師を辞め、またコ・メディカル(和製英語-医師、看護師を除いた医療職)も同様理由で70名中40名ほどが辞めるようで、合計110名ほどが医療職を辞めその多くが事務員となって市役所に来るというのです。
 看護師や検査技師など医療職の多くが市民病院に残って貰わないと、今の病床規模や今ある診療科は維持できなくなります。しかしこれだけ退職となると足りない看護師を補充するのは厳しく、来年4月の病院縮小化は避けられない状況です。
 このことは民営化を決めた時から予測される事態でしたから、前蒲谷市長は市民病院へ出向き「市民の為に残って欲しい」と説得すべきでしたが、ペーパーを配っただけで一度も説得には出向きませんでした。前市長の情のないやり方に反発する職員は多くいました(情の無さが敗因の一つ)。
 今年7月吉田市長に代わりましたが、彼は蒲谷方式の「チェンジ」を行わず、就任してから四ヵ月半、一度も市民病院に行っていません(ようやく11月18日「激励」に出向くとの事)。医療崩壊に直結する事態に4か月半の実質放置は職務怠慢、かつ無責任と指摘します。
 このようなトップの姿勢から現場からは多くの反発が出て、現下の状況を招いたと言えるでしょう。しかし看護師や医療職が合計110名が辞めると、今いる医師も嫌気をさして辞めてしまうかもしれません。現状でも内科医や消化器系医師が足らず救急患者がとれずに、赤字の原因となっています。病院の経営(収入)は医師、看護師が居てこそ成り立つのです。
 この間、舞鶴市民病院等、医師が辞め崩壊に至った公的病医院の視察をしてきましたが、医師が辞め出すと雪崩現象を起こし、あっという間に病棟(院)閉鎖などに追い込まれます。そしてそのツケは市民に廻ります。
 臨時職員にしわ寄せ 
 また医療職を辞め事務員として市役所に来るといってもこの人達に事務経験はありません。そして百名もの人が市役所に来たら、今まで取り組んできた集中改革プラン(リストラ)は吹っ飛び、今居る臨時職員はその人数分以上、解雇されるでしょう。自分の権利を守る為に立場の弱い人を追いやる事になります。現在の雇用状況を考えるとこのことも非常に問題です。
 またどうしても市民病院で看護や検査は続けたくないのなら他の病院に行って患者を助けて欲しいのですが、それも嫌な人が多いようです。公務員は公僕です、全体の奉仕者です。まして人の命を救う職種の人です。市民の為、患者の為を思って欲しいものです。
 現状を見過ごせば医療崩壊を招きかねず、しいては横須賀から医療難民を出す事にもなりかねません。そして来年4月に確実にそれがやってきます。
 市長も市議会も真剣に捉え、市民のためにならないことを回避する取り組を、即刻行う必要があります。 
 市民の為になる事は
 この状況をもたらしたのは市の姿勢にあります。吉田市長も議員時代公設民営化には賛成しています。その責任を前市長に押し付ける事は出来ません。12月議会ではこの問題を顕在化させ、市長には市民の為に強い使命感を持って臨むよう求めます。
 勿論議会の提起で始まった問題ですから議会も真剣にこの問題を捉える必要があります。
 しかし何より病院経営の株主(納税者)である市民、そして会員の皆さんが、現状を知って頂き、市民の為にならない事を回避するよう市長と議会に求める必要があります。 医療崩壊をもたらさないよう、また臨時職員などにしわ寄せが行かないように、それこそオール横須賀で取り組む課題です。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2009-11-17 09:49

東京湾湾岸再生シンポジウム開催

湾岸再生第1回シンポ開催案内
f0165519_1151229.jpg


  アップが遅れましたが東京湾湾岸再生議員連盟立ち上げの「お披露目シンポジウム」を上のチラシ通り開催致します。
 現在再生議連には以下の議員が参加しています。
 代表    一柳 洋 横須賀市議
 副代表   鈴木和美 船橋市議
 事務局長 田中幸太郎 市川市議
 会 計   宝  新 浦安市議
       木村長人 江戸川区議
       上田令子 江戸川区議
 参加予定  荻原隆宏 横浜市議
        千葉側よりもう一人
 
 湾岸再生議連は下水道排水が主による富(過)栄養化、それに伴う赤潮と青潮発生により東京湾内湾の生態系が再生産分岐点を超えている存亡の危機を回避する為に政治が動かねばならぬ事を認識し、今回の議連結成になりました。
 私達は身近な環境回復こそ最大の環境政策課題であるとの認識の元、東京湾汚染の7割を占める生活排水対策(合流改善と高度処理)をとり、更に浄化と生産の場である浅海域の再生をして東京湾を再び気持ちよく海につかれて、更に美味しく健康な江戸前の魚介を取り戻そうと決意しました。
 とにかく知らされぬうちに進む東京湾の危機を湾岸自治体議員が真剣に捉え、行政課題として取り組む為に活動していきます。政治主導を唱える現政権に対しては関係閣僚、政務官にアプローチして環境施策として政府レベルでとりあげるよう働きかけます。また私達湾岸自治体議員は各々の議会において発言・提案し東京湾再生論議を分権論に基づき展開していきます。
 現状の議連はまだ少数であり1都2県の湾岸再生の意義に気づく自治体議員が、本東京湾再生活動に加わられるよう要請いたします。
 今回第1回のシンポジウムを行いますが、一番議員の多い千葉での開催になります。来年以降は東京、神奈川でも順次シンポジウムなどを開催して世論喚起に努めます。
神奈川側でも近々記者会見を行い、湾岸再生議連結成を多くの人に知って頂くよう務めるつもりです。
 政治が動く為に世論が必要です1。5日のシンポジウムへの参加をお待ちしています。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2009-11-07 12:16