<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

吉田市政一年のチエックって誰がするの

吉田市政一年のチエックって誰がするの
 19日「ヨコスカをよくする会」と言う団体が市民の目からみた吉田市政の一年というのを行った。この集まりには呉東弁護士から吉田市政1年のチエックのための集会を開くので美術館谷内問題について市長と共同原告だった私に出席要請があり、出かけて真相を話した。なお本来この件は名義原告の市民に出て貰いたかったらしいが名義原告は吉田ファンで吉田市長を批判するには自己否定に繋がる感覚もあるらしく出席要請に応えられなかったようで私にお鉢ちが回ってきた。
 それはともかくその集会の中身にアングリであった。だいたいヨコスカとカタカナ表現する事自体、斜にみているように感じるし、産経新聞同様に「よくする会」等と称するネーミングは何ともおこがましく私の肌に合わない。何より「市民の目から」とのタイトルから市民が偉いんだと漏れ聞こえてきそうだ。確かに市民は主権者であるが、議員ジャーナリストと比して吉田市長の日常をチエックできているわけではない。
 吉田市政の事などマスコミは殆ど報じないか、議会と対立したときのみ断片的に新聞で報じられるだけだから一般市民が評価を下すには議員や、記者から情報を収集しないと全くの思い込みので評価する事になる。
 そこを押さえながら以下この種の「市民主体」の集会の限界を指摘したい。まず参集者は90名程か?顔ぶれを見ると昨年の市長選では呉東さんを応援した人が多いようだ(共産系、ネット系や反基地グループなど)。又呉東さんを支持したフリをして実は吉田市長を強く押したスパイみたいな人もかいま見えた。また屈託無い吉田シンパもいた。
 隔靴掻痒の中身 
 駅頭でのアンケートを取ったと言うがその捕り方も聞いていて呆れたが、この一年変わらないと答えた人が五割というのは、まあ当たらずも遠からずと言う事か。しかし昨年の市長選では55%の有権者が選挙に行かないのだから何処まできちっとみているかである。
 さらに疑問を感じたのは参集者の顔ぶれからして、吉田市政はこのままでよいのか?と言うのが目的では開いたのではないのか。そうでないというなら戦略も獲得意欲もなく、政治センスが欠如したままく開催した事になる(どうもそのようだ)。
 これはよくて半可通、あとは観念論の素人(ごめんなさいね)さんを集めてパネル討論をしていた事からも伺える。
 多くの市民は読み違えをしているが一番吉田市長をチエックしているのは議員であり、次いでマスコミだ。報道量のうんと少ない横須賀市政ではそれしか情報源はないのだ。 マスコミのテレビで言えば記者クラブに加盟しているのはTVKとNHKだが地上波は基地問題とか谷内家に訴えられるとか、テレビ的に面白い話題でない限り取り上げない。新聞だって吉田市長の手法に辟易している記者は記事にしないから新聞記事にならない(この日の記事を書いた読売もベタ記事である)。神奈川新聞は市長寄り?であるが、さすがにこの1年は何だったと社説に書かざるを得ない状態になっている。
 要するに議員を呼んで聞かねば吉田市長の問題点は分からないのだ。政治システムを理解していないからこの様なスタイルを取るのだろうが、一から考えて欲しい。地方議会は議員内閣制ではないので与党は本来存在しない。二元代表制の議員は市長以下職員が行う行政のチエックが一番の仕事なのだ。
 主催者の顔ぶれからすれば少なくとも、昨年の市長選で呉東さんを応援した6人の市議を呼んで評価を聞けば良いのである。バランスを取りたければ吉田支持をした3人にも声をかけても良いだろう。神保大先輩は出てこないかもしれないが、藤野、浜野議員は出てくるだろう(事実藤野議員は途中までいた)。しかしこの二人にしても是々非々だから「吉田市長マンセー」と叫ぶ議員はゼロである。その人たちから吉田市長の本質を聞けば呪縛も少しは解けるのではないか。
 医療問題や福祉、基地問題又美術館問題で赤、黄色、緑のカードあげさせる事もやっていた。レッドカード、イエローカードのつもりだろうが設問も滅茶苦茶だし共産党色丸出しの設問もあるから参加者は整理が付かなくなり混乱するばかりであった。
 一例を挙げよう。市民病院で医師辞職により四診療科で入院患者がとれなくなったり、看護師大量退職によりり病床数の大幅削減を問えばよいのに、事の本質を理解せず設問を作り、さらに我田引水だから「指定管理にしたのが悪い」との設問にする。会場からは「医師不足は自民党(国策)のせいで吉田の責任ではない」との反論が出て話はアサッテの方向へぶれる。
 市民病院問題では当選して四ヶ月半、市民病院に行きもせず(蒲谷市長と同じ)看護師や薬剤師等に対し残ってとの説得をしなかった吉田市長の姿勢を問うべきなのだ。
 会場からの意見もお粗末。四十がらみの女性参加者が介護保険制度を理解ぜず、横浜は窓口が一カ所であるが横須賀は皆自分で契約すると嘆く。聞いていて頭に来たが黙っていた。
 人前で意見を言うなら少しは調べて言ってほしい。介護保険制度以前の施設入所は措置だから役所一元で議員も色々仲介の労をとれた。しかし介護保険制度は施設入所は契約行為なので施設とは皆自分(家族が)契約するのである。これは日本中何処でもそうだし、介護度三以上でなければ老健だって入るのは中々難しい。まずケアマネをつけて介護認定を受けねば入所要件を満たさないのである。ここを抑えず感情論を述べるので吉田市政のチエックは更に遠のく。
 同女性は横須賀では「待機者の数字もどうだか」などと賜っていたが、公表される待機者数は横須賀市に限らず名寄せした数字であり申し込み延べ人数ではない。このような発言に司会も運営者も何も注意しないから、ようするに主催者も理解していないわけだ。
更に噴飯ものの設問があった。窓口対応が吉田市長になって良くなったかというのだ。
 窓口対応は郵便強やJRをみれば分かるように今時役所で御座いなどと横柄な対応をするところは少ない(時々馬鹿はいるが)。しかしこの愚問にご丁寧にも「良くなった」と答えた人がいたので驚きは頂点に達したが、会場からは早速「何年も前から良くなっており吉田になっても変化はない」と反論が出た。
 一番の象徴的な意見は「官僚市長が36年続いたのだから1年で結論を出すのは早い」との意見だ。ならばこの人には戦後50年続いた自民党から引き継いだ鳩山首相は九ヶ月では辞める必要な無かったのかと問いたい。この最も勘違いしている評価を聞いて、いかにマスコミの情報操作により世論形成されるかという事をしみじみ感じた。
 また官僚市政3代36年というフレーズは吉田市長が作った蒲谷追い落としのプロパガンダである。横須賀の特性を活かしていないと言う意味で言えば長野市長以降横山、沢田、蒲谷、そして吉田共に4代続いて横須賀プロパーでない「よそもん市長」である事だ。3週間前に会派で呉佐世保に行ったが、65年前まで海軍第一軍港であった本市には工廠や軍港また航空技術廠などの資料展示も何もない。このことはよそ者市長37年、故に横須賀の歴史や街の形成課程が観念的にしか理解できていないからだ。プロパーとして横須賀が染みついていないのである。
  議会を再評価して意見を聞くときだ
 1年で市政は変わるわけはないと言うが、そもそも吉田市長には市長当選がゴールであり、市長としてこれをやり遂げたいなどとのビジョンなど無いのである。だから変わり様がない。あらゆる課題に感心できる提案がない事がそれを現している。これが指摘出来るのは朝日読売などの新聞記者と、後は日常的チエックしている議員だけである。勿論この記者と議員には資質の問題があるから誰に聞いても良いわけではないが、日頃の議会活動(ネット中継)をみて頂ければ判断できる。
 「市民が」を強調するこの様な人達で吉田市政一年のチエックとはまさに片腹痛いである。
 一番の問題はこの人達は結局行政だよりだから市長、市長となるが、今横須賀市議会はようやく議会本来の権能を行使しだしている。要するにこれまでの何でも賛成はなくなり、議会の議決(賛成)無ければ予算も議案も全て通らないのである。
 逆に言えば今年のように予算修正して議決すれば議会の予算が通のである。ここをこの集会主催者は理解していないし、多くの市民も同様なのである。
 吉田市長に拘る政策はないから、議会に否決されても再議も求めないし、求めたところで3分の2以上の議員が吉田案など通さないから結局吉田市長の予算は通らないのである。吉田市政においては議会がキーパーソンである事を認識して貰わないと議論はかみ合わないことを是非この際理解頂きたい。
 二元代表制で少なくとも市議選の方が投票率は高いのだから、当然この集会に来た人は市議選に投票しているはずだから自分が託した議員から話を聞く事が一番手っ取り早い。
議会も考えよう
 しかしこれは議会も考えねば行けない。来年の選挙に向けて論理的思考の出来る議員は有権者に向けて更に情報発信に務める必要があることだを認識した方が良いだろう。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-07-23 13:30

可視化法実現のための市民運動

可視化法実現のための運動を起こします
 国家権力が政治家や経済人のある人物をターゲットに特捜がストーリーを作り、疑獄事件化する国策捜査をさせないために。また一般刑事事件でも、これまで殺人強盗の凶悪事件から痴漢冤罪まで数々の冤罪被害を作ってきた事から、まさに法治国家の基本的人権の保障から取調における可視化法は必要です。
 野党時代の民主党は冤罪を生ないために2度法案提出をしましたが、政権交代したら法務、警察官僚の猛烈な抵抗があるのかトーダウンし、今年の通常国会前には政治と金の問題を理由に鳩山前政権は通常国会への上程を見送る旨を表明。
 先週の参議院選挙で負けた民主党は秋の臨時国会にも政府提案で上程することは無いようです。また落選でも9月まで法相を務める千葉大臣は今になって可視化法に言及しているようですが全く遅い。早くからこの姿勢を出しておれば日弁連の支持もあり、また意識の高い有権者の評価も得られたろう。しかし今更であり参議院で少数与党になり、まして期限付き民間閣僚の立場では余計政府提案はおぼつかないでしょう。
 そこで国民にとって必要な法案は国民発議で、そして我々の代表である国会議員に上程を託そうということで可視化法実現のための市民運動を起こす事にしました。
 7月30日に発会式をチラシにあるように行います。
 特別講演では8年前外務と検察官僚によるまさに国策捜査の対象となり、「疑惑の総合商社」とマスコミからバッシングされた鈴木宗男さんをお招きして、可視化法の必要な事を自らの体験を交えて話して頂きます。
 なお鈴木さんは現在最高裁で戦っていますが、テレビで報道された宗男ハウスとかの贈収賄等では起訴されていません。当日はテレビ新聞が一切伝えない衝撃の国家権力の暗黒部分と、狙われたら最後、議員でも国民でも冤罪被害者にされる「法治国家」の現状を知る事が出来るでしょう。主権者である国民の権利を保障させるためにも多数のご来場お待ちしています。
f0165519_924446.jpg

[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-07-19 09:19

菅総理は安倍になるのかはて又宇野か

菅総理は安倍になるのかはて又宇野か 
 参議院選挙の結果が出た。
 神奈川選挙区では現職千葉法相が落選した。今更だが9月までは法相であるので国民のための法務行政をしなかった事を反省すべきだろう。
 官僚の手玉に載り検察暴走を許し党幹部を窮地に追い込み、優先順位の低い夫婦別氏制にこだわり、国民や政治家自らの人権(国策捜査等をさせない)を守る可視化法については消極的姿勢に終始。そして政府提案するそぶりさえ見せなかった。私からすれば千葉大臣は小泉政権時の南野法務大臣並みであり、県民はここまで見抜かなかったろうが国民のためにならない大臣は感じていたのだろう。その結果が出たと指摘したい。
 ところで昨年の総選挙では多くの国民は対米追随や大企業優先の自民党的でない政治にして欲しいを民主に求めたはずだ。しかしこの10ヶ月をみると民主党内に省庁(官僚OBの議員)の残地諜報者やアメリカの息のかかった議員が相当いる事が明白になってきた。陰の支配体制は民主党への対応を取っていたのである。
 枝野幹事長はJR労働運動の裏切り者、動労及び革マルの支持を受けているという情報が入っている。
 要するに昨年の総選挙で国民の期待を受けたが党内の裏切り者と国民を顧みない破壊者で現政権は占められ自民党と変わらない体質に代えられたことが国民から嫌われたと承知すべきだろう。
 参院では自民が第1党に返り咲いたがこれは国民のためにも沖縄のためにもならない。東京新聞でも民主への愛想づかし票が複数区ではみんなの党へ、1人区では自民に行っただけ。しようがなく入れただけと論評しているが、まさにその通りだろう。国民の多くはこの20年の自民党政治に辟易しているのだ。
 この20年をみると特に社会党トンちゃん内閣以降は「出来ちゃった婚」総理のようなもので、図らずも総理になった連中が多い(橋龍は少し違うが)。
 総理を志して議員立候補したのは殆どいないだろうし、いたとして安倍とか菅とかその器でないのばかりだ。これが吉田内閣以降中曽根までの総理と断然違うところだ。小泉だってそうだがその前の森嘉郎があまりにヒドク、ハッタリで自民党を壊すと言ったので総理になれ、5年続いたのはアメリカに認められ財界に奉仕したことからだった。だからその支配体制の僕であるマスゴミは本質を報じず、国民生活をここまで劣化させた。
 陰の支配のものすごさ
 ところで今や初当選時の市民派議員からダースベイダーに変質した菅総理は惨敗を受けても総理の椅子にしがみつく旨を表明した。しかし党内から或いは国民からそれを許さぬ声が批判の声が日増しに大きくなるだろう。乾坤一擲、対米追従派を切って去年の8月時に戻れば別だがそれは100%ないだろう。
 財界とアメリカの言なりの菅内閣にはマスゴミが如何に寛容な態度を取るのかも要チエックである。
 要するに国民を裏切る菅総理は21年前の宇野総理並みの短命内閣を自ら甘受するのか、しがみついて3年前の安部総理並みの辞任に追い込まれるのか2つに1つだろう。橋龍並の美学を示した方が晩節を汚さず、少しは男を上げられるだろうが、14年前の厚相時エイズファイルを明らかにしたような純粋謙虚さは消え失せている。
 しかし鳩山退陣、小沢辞任、菅総理誕生のいきさつをみると日本はアメリカの属国である事がしみじみ分かる。見えない占領状態は確実に継続している。宗主国対属国関係の体制がこれほど強固に引かれているとは、と気がついた次第である。
 政権を取るとその圧力がもろにかかるのだろうが、それを国民共有の課題として、露見させ国民に考えて貰う胆力のある人物はいないのかと思う。圧力の存在を明らかにして、「私の身に変死か冤罪スキャンダルが投げつけられるだろう」と公言すればよい。そして官房機密費の秘密を暴けば短命に終わっても国民の心には残る。
財界やアメリカに奉仕せず「国民が稼いだ金は国民のために金を使う」との理念哲学を持った人が集まって政党を作ってくれた方が分かりやすくて良い。
訂正
 6月24日のブログに比例区は新党大地と書いたが新党大地は八代英太氏を応援したので比例区の立候補者はいませんでした。確認ミスでした。
なお美術館谷内家対吉田市長の続報ですが、後援会向けに特集記事を書いたので来週にアップ予定。特集記事をお読みください。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-07-13 12:37

菅内閣は小泉政権のラベルの張り替えか

菅内閣は小泉政権のラベルの張り替えか?
 参議院選挙の投票日まであと1週間。今度の選挙は自分自身が全く燃えていないから高揚感も何もない。むしろ菅内閣に失望を通り越して怒りすら感じだしている。
 ハッキリしているのは菅(民主)内閣の姿勢を参院民主の過半数維持と言う形で認めて良いのかを考えることだろうおる。次に増税を「みんな渡れば怖くない」と雰囲気作りしている大小併せた政党にノーを突き付けることだろう。
 共産党的論理ではないが法人税減税をして消費税でその分を補い福祉や社会保障に使うなんて事は許せない。1年もたっていない昨夏の衆院選で約束した天下りや根絶や特別会計の無駄削減(徹底事業仕分け)、衆参議員の削減など全く実行できていないのに何でこの時期いきなり消費税アップの議論ばかりなのだ。
 マスコミもここを全然つかないから、これはまさに対米従属、大企業迎合の政治を行わせようとする勢力の連携なのであろう。日本のマスゴミは情報操作機関の何者でもない事に気がついて有権者は冷静な判断をして私達が損害を被らないように防御しよう。 特にこの民主の虜まれの情けなさはなんだと言いたい。民主党は法人税については2007年に現状の日本の税率は世界に比して特段高いとは言えず、これで海外に逃げる事ははあり得ないとしていたはずだ。
 副島隆彦さんのブログに先月21日CIAの対日御用掛J、カーティスが菅総理と1時間以上に亘り会見したと書いてある。
そこで消費税増税ありきの論議に一気に進んできた。国民はこの様な民主・自民(みんなの党も怪しいもんだ)の対米従属派の論理に載ってはいけない。
 そこで経済評論家の植草氏の指摘を引用する。
 引用
1990年度から2009年度にかけて、経済規模を示すGDPは451.7兆円から476.0兆円へ小幅増加したが、税収は60.1兆円から36.9兆円に減少した。そのなかでの法人税と消費税推移は、
法人税 18.4兆円 →  5.2兆円
消費税  4.6兆円 →  9.4兆円
となった。
法人税が1990年度と比較して約4分の1に激減したのに対して、消費税は2倍強に増加した。
引用終わり

  と言うことで市民運動派(出身)と言われる菅内閣であるが、自社さ政権時代の厚生大臣を務めエイズファイル問題の時とは真逆な現状を見ると、この人は小泉構造改革のラベルを貼り替えて出してきているだけではないか。ペテン師のようにひどいもので、近くで見ている吉田市長と似た質(タチ)の悪さを感じる。
 とにかく有権者はマスゴミの世論誘導を見抜いて庶民増税派の政党、候補をのさばらせない為に2票(地方区と比例)を行使したいものだ。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-07-04 10:03