<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マニュフェスト崩壊

吉田市長又も公約放棄 
 救急医療センターについて吉田市長は、8月20日新港地区へ移転する事に「変節」決断した事を表明した。
 これで昨年の選挙の目玉マニュフェストなるものはほぼ壊滅である。
 大体三春町の現センターが改修で凌げるとしたのは選挙のためのプロパガンダに過ぎなかったのだから本人は拘りも臆面もない。議会からの追及と、予算修正に再議も求めず、ただ意地?で4ヶ月半引き延ばしたところでこの日を迎えた。 
 潔く6月の2定(議会)を迎える前に新港地区への移転新設を表明すれば良かったのだ。私は6月議会の民生委で移転決断の決議をあげた方が良いと主張した。
 議会にも踏ん切りのつかないのが多いから、例月協議会をして9月議会を迎え、それで市長が決断しなければ議会が移転決断の決議をするという流れになっていた。
要するに9月議会では議会から決議を押し付けられる可能性大だから、ここは「先手」をうってと考え、記者発表したのだろう。
 この様な首長には議会がシッカリする事
 全くこの頃の市長知事には、森田千葉県知事や中田前横浜市長など、中身、ビジョンがないのにポストに就きたがる手合いが増殖している。有権者はそれを見ぬかと、ツケは自分に回る事を知って欲しい。
 また議会議員は吉田市長になり1年たったのだから、「こう言う男である」を肝に銘じて厳しく対応していく事であり、ビジョン無き市長に代わり市民にとって必要な事は議会発議で市民に発表する事である。市民も議会により注目した頂きたい。
 しかしこの変節決断でも、目が覚めない吉田信者(有権者)は今どのくらいいるのだろうか?
 「私が愛した市長」を信じたい有権者は男女とも50以上の年寄りに多い。
 私も今年還暦を迎えたから敢えて言わして貰うが、いい年をして、もう少し、もの・人をみる判断力をつけて欲しいものだ。
 吉田市長で横須賀はあらゆる政策が停滞している。
 この1年で部長が5人も中途退職した。小谷野市民部長から始まり飯田環境部長、竜崎財政部長、藤田教委管理部長、そして先月の富沢総務部長である。誰も公式には「吉田市長の下で部長などやっていられない」とは言わない。健康上、家族介護などを理由にしているが、市職員や議員でそれを信じる者はいない。要するに都合が悪くなると責任を取らず逃げる(美術館谷内家裁判がよい例)市長の下では部長など務められないが共通項(最大公約数)であろう。辞めたある人からは「実はそうです」と聞いているがその人に迷惑がかかるから実名記載は避ける。しかしこれは極めて異常な事で、市政執行上、大問題である。
 青年市長が単に議会にいじめられている等という、色眼鏡で見る事はあまりにステレオタイプの見方である。大手新聞記者も吉田に辟易して余り書かないがその分吉田市長の本質が市民に伝わらない。有権者は市民のために仕事をする市長、議員を選ばないと市民自体の損失になる事を気付いて欲しい。
 そこで来年の選挙では市政をきちっと立ち治す事が出来る、現職と新人を選んで頂く事が市民のためになる。
 シッカリしなければならない議会だが現職でも役に立たない70前後の連中が臆面もなく、又来年出そうだが(或いは世襲として)、この連中は吉田市長に代わっても自分をチエンジする事ができず追及も出来ない面々だ。有権者の皆さんは自分のためにしっかり候補者を見抜いて投票して欲しい。新人でも吉田与党を堂々表明したり、吉田市長が応援する候補者には騙されないでほしい。なぜなら吉田市長の応援を期待する候補者など低レベル以外の何者でもないからだ。 
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-08-23 13:29

軍港&よこすか歴史ツアー

軍港&近代よこすか歴史ツアー
 チラシのように8/29に軍港及びよこすかの歴史ツアーを行います。詳しくは下に貼り付けてあるチラシをご覧ください。
 また私も旧海軍の功罪を研究していますので、山本さんのガイドとは趣を変えて軍艦関係の話をします。横須賀工廠で作った軍艦は、対米戦争では余り活躍してない船が多い中で、空母翔鶴は同型艦瑞鶴と組んで活躍しています。真珠湾攻撃にも新造艦として参加していますが、何より昭和17年にアメリカの機動部隊と唯一互角以上に戦い、1942年5月のサンゴ海海戦(米豪遮断作戦)では空母レキシントンを、ガダルカナル争奪によって生起した10月末の南太平洋海戦では横須賀空襲もした空母ホーネットを撃沈しています。
 機動部隊同士の戦いで2隻の正規空母を屠った殊勲空母はこの2隻しかいません。但し人命軽視の日本海軍は攻撃した飛行機のバックアップシステムを考慮しないため優秀搭乗員を帰投中(機位を失い空母にたどり着けない)にかなり失っています。また防御防弾も軽視したので、被弾するとすぐ火を噴いたり、機上戦死も多くこれがパイロットの大量損耗となり作戦指導のまずさもあり敗戦に繋がります。忘れてならないのはこの(国民の)人命軽視が特攻に繋がり、戦後生きていれば各界で活躍したであろう優秀な若者を数千人も殺してしまったのです。この特攻の命令責任はエモーショナルに流され誰も問うていません。
 横須賀工廠で作られた戦艦、空母、巡洋艦等の写真をお見せし、横須賀工廠や、軍港と一体となった追浜の横須賀航空隊や海軍機研究の航空技術廠についても触れます。何せ本市はかつて海軍第1軍港であったのに他の三軍港市と比して工廠や航空廠など何の展示も資料館もないのです。横須賀市の観光施策にカツを入れたいと思います。
 軍港をみながら山本さんの目から鱗の話しを聞いて頂いた後、チャーター船は猿島により、そこで観音崎行きに乗り換え、内湾の海水浴場三軒家海岸に降りてから観音崎公園内の歴史施設を山本さんの案内で廻ります。坂家の上雲関係の話も色々出るでしょう。
 4時半、頃観音崎バス停で解散予定。
 なおチラシは援会向けの案内になっていますが一般の方の参加も歓迎します。
 参加希望の方は866-4561へ電話で申し込んで下さい。留守電対応もしています。Eメールからでも結構です。締め切り日は15日です。先着順マックス50名。

f0165519_204278.jpg

 訂正です
 猿島の歴史自然ガイドで集合時間が午後10時になっていますが、当然夜間渡船はしていませんので、午前10:15の間違いです。お詫びし訂正します。
 不明の点は問い合わせを頂き内容確認の上参加ください。参加費はガイド昼食付き基本料2200円(海のガイドなど希望オプションが入った場合はガイド料金は上がります)。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-08-10 20:13