<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

対中宦官外交か菅政権?

対中宦官外交か菅政権?
 今回の尖閣列島での海保に対する公務執行妨害で逮捕した中国船長釈放で菅政権の外交センス及び統治能力が根本から問われている。
しかし民主政権がここまで政権の体をなしていないとは本当に驚いた。1つには中華思想の国の船長を逮捕したのに、早期の落としどころを考えず、場当たり的に対応したとしか思えないこと。
 もう一つには誰もが騒いでいる屈辱外交と捉えざるを得ない対応で、検察を前面に出し姑息な決着を図ったことである(しかもチャーター機での送還である)。屈辱との民族感情を煽る認識を国民に与えた事を菅政権は深刻に考える必要がある。とにかく今回のことは民主政権へのダメージは計り知れない。
 自民も共産も野党はこぞって臨時国会でシッカリ追及することだ。
 今回の釈放劇はまさに敗北外交で身柄拘束されたフジタ社員4人と引き替えにもしない。一方的に帰した後で日本人4人は何時解放されるのか。菅政権はとにかく報復拘束された国民の早期解放を実現するよう最大の努力をすべきである。
 この顛末を見ると国民を守るためのインテリジェンスの訓練も何もなく総理になり、その程度の国務大臣達で成り立っている内閣であることを国民に知らしめてしまった。主権、国益、それに国民を守れずいて何が政治主導だと思う国民はどっと増えたはずだ。
 丹羽中国大使の召還もふくめた対抗措置を何も執らず、政府の責任を放り投げ、事もあろうに那覇地検から政治的理由の釈放を表明させた。これも法治国家の体をなしていない。政治的釈放は検察が判断すべき事柄ではなく政府が判断すべきなのである。それなのに仙石官房長官は「検察対応を了とした」等と答えている。
 野党は臨時国会で那覇地検幹部を国会に証人喚問或いは参考人招致して、許してはいけない茶番劇のシナリオを暴くべきだ。また検察が前面に出たことは証拠隠滅事件での前田検事逮捕との取引と受け取られない側面も持っている。この様に様々国民に不信感を植え付けた釈放劇である(この件も最高検の喚問すべき)。
 対中宦官外交と言われても仕方ない外交を展開する菅政権はマスゴミが攻撃せずとも自滅崩壊の可能性大なる政権である。また3年(任期満了)持つとはとても思えない 。
 またアメリカに行った菅総理は大統領やクリントン国務長官から中国相手の支援を約束して貰ったようだが、対中腰抜け外交はそのまま対米従属を強めるだけだ。『だから民主日本よ、うちの舎弟で追従してりゃあ悪い様にしない』と諭されすごまれ、又上納金巻き上げられるのが落ちだろう。
 政治家を育てることから建て直す 
 しかし民主が駄目だとして自民に振り子を戻した所で大差ない。この国はとんでもない事態に陥っている。政治家の劣化きわまりない。早急に中選挙区に戻し政治家を育てることから立て直しすべきだ。この国で政権交代させても国民への利益は少ない事が判明した今、政権交代を容易にするのが小選挙区制であるから中選挙区制に戻した方がよい。
 またテレビマスゴミのアナウンサーが「釈放された中国漁船船長がピースサインをしています」と言っていたのには馬鹿もここまで来たかと驚いた。Vサインはピースではない。ヴィクトリイのVが本当の意味だ。私の記憶ではチャーチル首相がこのサインを出したのが初めてだったように思う。挑発されているのに平和のサインとは噴飯物だ。アドリブではなく原稿通り読んでいるのだろうが、それなら局全体がパーと言う事だ。
 今回の件で批判はするが日中関係を大事しろというのみのテレビや新聞社に庇護される菅政権である。
 この際国益を守るために菅政権は基本方針を国民に語り、それが出来ない、或いは国民から支持されないなら内閣総辞職しかない。いくら1年に2度3度総理が替わろうと国民に不利益もたらす政権を放置するわけには行かない。混乱するが政界再編も含め来年の解散は視野に入ってきたように思う。
猿島桟橋壊れる 
 今日26日は猿島のガイドを頼まれていたが、昨日の台風で猿島の桟橋が壊れ渡島できなくなり暇ができたのでこの原稿を書いた。作って1年の桟橋が風速20m台で壊れるとは納得できない。これでは毎年壊れることになる。この件は週明けに調べていこうと思う。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-09-26 12:13

前田主任検事逮捕-トカゲの尻尾切りにさせるな

前田主任検事逮捕-トカゲの尻尾切りにさせるな
 21日、村木厚労省局長でっち上げ事件で大阪地検特捜主任の前田検事が証拠隠滅の疑いで逮捕された。主任検事が証拠改ざんで逮捕など「前代未聞」と新聞テレビのマスゴミで報道されている。「前代未聞」って何を指すのか?露見したのが前代未聞なのではないか。法曹界の反省が求められるが冤罪事件を作ってきたのはマスゴミの加担が大きい。ようするに放送界も大反省する必要がある。これまでのリークだよりの取材を改め検察との距離を取り、特に冤罪を主張したり、検察のストーリーに屈しない事件は自らが調べて独自の見解を出すべきなのである。それが本来のジャーナリズムの任務である。
 国民はマスゴミが検察と蜜月でリーク情報(官僚コントロール)を元に冤罪を作り出してきた加担者であり、そして今回のようなことになると一転検察バッシングに周り、ほとぼりが冷めると又検察に擦り寄ることを忘れてはならない。
 そしてこの件を前田検事一人に責任を押し付け幕引きをさせてはならない。現状ではそうはなりそうもないが、検察や民主党としては早く収束を図りたいだろう。落としどころを探っているのだろうが、こういうときこそ法務大臣が政治主導で検察改革をすべき時である。また臨時国会での論議をさせるべきだ。
 またこの機を逃さず可視化実現議員連盟は活動を活発化させるべきだが、驚いたことにこの議連超党派になっていないと横粂議員から聞いた。全くナンセンスな議連である。早急に超党派の議連に改組し、可視化法案を議員立法でも良いから再提出し、国会で論議を活性化することだ(マスゴミもこの論議を追え)。
 マスゴミは検察特に特捜については「正義の味方」イメージを作り上げてきた。ならばこの際、東京、大阪、名古屋の地検に設置されている特捜部については、過去を含め冤罪事件の洗い直しをすることだ。またこれまでの罪滅ぼしと真に冤罪を無くすために可視化法の重要性をキャンぺーン報道すべきである。読売、産経は無理にしてもせめて他の新聞とCS、BS放送は特別番組くらい作っても良い。更に検察の恥部を明らかにするために鳥越俊太郎氏は三井環事件(検察の裏金問題を内部告発し、鳥越氏とインタビュー直前に別件逮捕)をもう一度蒸し返すべきだ。フリーランスも含め個人ジャーナリストもネットや週刊誌・月刊誌メディアで行動するよう願いたい。
 また一部は報道しているがこの前田某は陸山会(怪)事件で小沢一郎氏の大久保秘書を泣き落として、検事調書を作り起訴に至らせた人間であり、それが評価され主任検事となったとも言われている。マスゴミはどう大久保氏を落としたのか調べ報道することだ。又小沢派議員は陸山会と政治資金規正法違反は犯罪を形成するのかと徹底反論に出るべきだろう。今ならマスゴミは小沢が検察批判するとはけしからんは言えない。これは政争なのだから勝負時を誤らないことだ。
 戦前戦後の疑獄事件を丹念に読んでいくと、殆どが検察暴走の冤罪事件か、検察とマスゴミが事件を膨らましたことが分かる。問題は政敵が検察に乗り政敵倒しを画策することである。
 ロッキード事件では世論頼り(菅政権とそっくり)の少数派閥の三木総理が同派の稲葉法相を使い検察を指揮、田中角栄を逮捕し政権しがみつきを図った。当時は三木総理の方が正義と思ってみていたが、その後各種の本を読むとクリーン三木と言われた老獪な政治家はバルカン政治家であり権謀術数を巡らしていたことが分かる。ようするに政争に絶対善と絶対悪の構図を作ってみないことが肝心であろう。
 菅総理が仙石官房長長官を使い、弁護士の仙石氏が法曹の人脈を使い政敵小沢倒しをやるようでは最低である。森田実さんも「これをやっていけない」と批判していたが同感だ。
 前にも書いたが政敵倒しに検察権力を利用してはならいのである。 
袴田事件について
 なお私達、可視化法を求める「ストップ冤罪横須賀市民の会」は10月10日にヴェルク横須賀にて2時から袴田事件関係者-実姉袴田秀子さんを招き、刑事事件の冤罪について講演会を行う。詳細はまたこのブログに掲示します。ご参加下さい。
 またヒューマックス横須賀で11/11~11/15まで袴田事件を題材にした映画「BOX」の上映も決まりました。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-09-23 09:31

問責出せない議会?

市長へ三度目の抗議、問責出せない議会対応
2委員会での抗議 
 今議会では民生常任委員審査(6,7日)で救急医療センターの新港地区への移転を市長が何時「決断」したのか、またなぜ覚え書き締結後に市議会へ情報を小出しにする形で報告したのかが問われた。また歯科医師会がこの期になって救急センターに歯科救急も加えて欲しいと要望(議会には陳情-当会派はこれに載らず)してきた問題で、大会派は歯科をなぜ加えないと市長を追及した。2つの件で市長と委員会は対立し、議会に対し不誠実であり議会軽視は直っていない事から問責であるという意見が複数から出たが、新政会が移転問題は議会の意向通りなったので、抗議は不要となり全会一致にはならなかった。しかし市長の対応は最低でも抗議に値するとの意見は4会派あり無会派の藤野委員も賛成したので、週明けに抗議すべしという会派及び議員で抗議文を出そうと言うことになった。
 週明けにこれを討議する事になっていたが14日神奈川新聞(吉田市長に好意的な唯一の新聞-故に当会派は同紙に殆ど取り上げられる事はなくなった)に贔屓の引き倒しのような「市長土地開発公社廃止」の意向との記事が出た。これで先週の民生マターの抗議については吹っ飛んでしまった。
 14日の議運に於いて総務常任委員会開催が提起され、市長及び記者会見に同席した副市長、政策部長を呼び議運を休憩して審査することになった。
 公社などいわゆる外郭団体や第3セクターの整理については一般論的に論議すべき時期で総務委員会でも議論が提起され始めていた。議会とすればこれから論議を深めようとした矢先にこの記事であるから、市長及び関係幹部職員に経過と真意を質し、必要な措置を執ることとし審査となった。
 審査の結果パフォーマンス先行の吉田市長が誘導的な新聞記者の質問に、さも結論が出たような表現をした事が分かった。実際は財政部に検討を指示した所で公社幹部とも廃止は検討していない事も分かった。各会派の追及に市長は不用意発言を陳謝(謝罪という言葉を用いた-政治家としての語彙不足)し、事実と違う所の撤回を表明したので委員会は抗議する旨を議運に報告する事で委員会を終えた。審査を聞いていて、この発言を止めもしない両副市長の対応にハッキリ言って呆れた。吉田市政の内部は極めて脆弱であり、組織の体をなしていないとも感じた。
 問責にいたらない議会
 さて問責であるが総務委で仏の顔も3度以上であるから、我が会派は総務として抗議し、その後に民生の事もあるし、既に抗議は上下水道局長選任で1回。6月議会での本会議答弁に対する正副議長抗議で2回、今回は3民生委,4総務の連続であるので議会としては、問責決議を提起する事が適当とした。他の委員もそれで良いとなった?らしいが、抗議してから問責決議というやり方に私は疑問を抱いた。
そして14日夕方総務委終了後、議運が再開されると、市長の陳謝(最後まで謝罪と表現した)と、発言撤回を了とし、それ以上に行かない雰囲気を濃厚に感じたので私は「当会派は問責の要ありと認む」と発言したが、結局それ止まりだった。
 どうも議会には議会を家父長的に捉え抗議すればよく問責決議したくない考えと、個別陳情を市長にしているためか市長の責任を、問責決議として問うことに抵抗ある勢力があるようだ。
 しかし議会で市長の譴責をする場合、取るべき対応は決議であり、抗議なんてのは言わば非公式対応であり繰り返しても効果がない事は分かっている(だから4度目だ)。議決となれば問責、不信任、辞職勧告しかない。通常問責が、2、3回となれば不信任になる。それが怖いのか問責に至らない。議会は採決となればイエスかノーしかない事を議員各々が自覚すべきであろう。そこで我が会派は次にこの様な事を市長がしでかしたなら、他会派の同調を求めるような事はせず、単独でも問責決議案を出し、本会議場で各議員(会派)の判断に任せようとなった。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-09-18 16:49

検察でっち上げ失敗

村木被告無罪

 昨10日元厚労省局長村木厚子被告に無罪判決が降りた。
 そもそもこの「でっち上げ」事件は昨2009年6月、麻生総理の自公政権時代、創価学会追及の急先鋒だった石井一議員を逮捕するための「前」段階で村木さんがターゲットにされ逮捕されたと見るべきだろう。
 この特捜検察ストーリーは衆院選前に民主党大者議員を逮捕し、政権交代を防ぐ目的が一番考えられる。また検察には創価学会員検事も(公明神崎元代表もヤメ検)いると言われるので、池田大作氏の国会喚問を防ぐために創価学会追及の急先鋒石井一議員が狙われたとも考えられる。なぜなら特捜にとって村木局長止まりや、凜の会を葬ったくらいでは世間をお騒がせする意味がないからだ。
 マスコミは今回の無罪判決を無理或いは強引な起訴として検察のあり方を批判しているが、ならばこの事件以外の特捜マターで無罪を主張している、例えば鈴木宗男事件も、マスコミ自体が検証すべきである。
 特捜のリークを元に番組を作り、記事を作るマスゴミには、まともなジャーナリストとしての本分を果たす事を今や期待できない事を国民は知るべきだろう。
 それと検察(特に特捜)神話の呪縛から国民が解放される事だ。これは物の見方を変える事だから別に特段の決心も要らないし、内心の問題だから検察や警察に睨まれる事もない。お尻も拭けない新聞紙(かみ)や只の地上波(NHKも一部含む)など見ていると頭が馬鹿になりまともな判断能力奪われる。
 特に一方的な報道が目立つ話題、冤罪事件や地球温暖化論、そして今の小沢叩きなどは本を読み信用できる人のネット情報とテレビならせいぜいCSかBSの有料放送を見る事だ。こっちは視聴率が低い分権力のお目こぼしがあるらしく結構真実をつく報道がある。
 我がブログを見てくれる方々は真相を知りたいと言う方が多いらしい事がアクセス分析から察しられる(他の市議のブログは読むに値しないものが多いとも聞いている)。そこで今回の検察暴走でっち上げ事件については佐藤優氏の無料ブログ「佐藤優の眼光紙背」を是非読んで頂きたい。
 鈴木宗男氏の上告棄却も10日前にする必要があった事が書いてあるし、実は最高裁に官僚達の陰謀、画策で、外務省官僚が法曹資格もないのに最高裁裁判官に異動しているというのである。
 以下引用
『最高裁判所は最高政治裁判所でもある。それは、2002年に鈴木宗男追放キャンペーンの中心に立った竹内行夫外務事務次官(当時)が現在、最高裁判所裁判官をつとめている事実からも明白だ。所属する小法廷が異なるなどということは、本質的問題でない。司法試験にも合格していないので、法曹資格ももたず、かつ極めて政治的動きをする人物を行政機関である外務省から受けいれている最高裁判所という組織自体が、「司法権の独立」という名目からかけ離れた組織だということを筆者は指摘しているのだ。』
引用終わり
 なお特捜検察のフレームアップが絶えないのは検察官僚の思い上がりと、政界にも政敵を倒すために特捜を利用しようとする勢力が自民時時代から必ずある事だ。ロッキード事件の三木総理などその典型例だ。これはもう止めた方がよい。与野党共に政敵倒しの為に検察を利用してはならない。
可視化法は必要
f0165519_10192597.jpg

      7月30日の講演時参加者からの質問に答える鈴木宗男さん
 それと佐藤氏はこの鈴木氏の上告棄却のタイミングは14日の民主党代表選挙も視野に入っているという(民主党代表選については後日アップする)。
 7月30日鈴木宗男氏を文化会館にお呼びし、可視化法の必要性を訴えた集会で、宗男さんは「被告本人のみでなく証人の可視化も大事だ」と言われていたが今回の事件もを見るとまさにその指摘は重要だ。
 ストップ冤罪市民の会(共同代表、畑中弁護士、横粂衆院議員、私)は10月に総会を開くが第2部で袴田事件関係者をお呼びしてセミナーを開催(公開)するので、刑事事件の冤罪について知って頂きたい。また11月にはヒューマックスで袴田事件を描いた映画「BOX」(高橋判明監督)が上映されるようなので、それとのタイアップを考えている。
 しかし政権交代前の野党時代には可視化法を2度上程し、昨年総選挙時のマニュフェストにも書いたにも係わらず、この立法作業をサボっているのが民主党政権であり、千葉法相である。
 菅総理についてはマスコミが一切批判を加えず、こぞって小沢バッシングをするという支配構造丸見えの報道(情報操作)ぶりを見ると、菅政権が対米従属とマスコミ及び経済界に弓引かないと約束をした証拠だろう。 有能な市民はマスゴミの操作に振り回されることなく自分で身を守る事を考えて欲しい。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-09-11 10:29

2日の本会議と明日7日に民生常任委員会に市長が

昨日の敵は今日の友の吉田市長 
 ネット中継でご覧下さい
 2日吉田市長に谷内家からの訴訟に被告としての決意や、何故昨何6月まで谷内家と「通じて」(被告蒲谷市長の代理人として谷内家と共闘連携)いた大友弁護士を選任するのか一問一答で厳しく質疑を交わしました。ネット中継録画も3日午後アップされましたから是非ご覧下さい。私は3番手の質問です。
 なお大友弁護士への着手金は120万円で、(弁護士の)格として安く引き受けて貰ったとの賜っています。そして公費から支払いますとしれっと答えました。残念なのは弁護士に対する着手金の市長決定に議会が関与できない事です。自分が「確信犯的」にやったことで起きた訴訟です。せめてこの半額くらいの設定に交渉すべきです。また、なんで自分が実質原告だった昨年の裁判の当方弁護士を選任しないのか、との質問にも、大友の方が適任と白々しく答えました。また裁判に係わるとして答弁拒否を2度ほどしたので「議長、注意して下さい、これでは審議なにならない」としました。このやり取りも初めてで、吉田市政の元では議長の差配ぶりも注目される事になりました。しかしこれが本来の緊張ある二元代表制の地方議会論議なのです。
 なおこれについてこれない議員は現職(特に本会議場で質問出来ないもの)と、自信のない新人は来年の立候補を自ら問い直す必要があるでしょう。
  
 明日7日に民生常任委員会は延会になりました。本日議案採決も午後6時までかかりました。
 救急医療センターや歯科医師会との対応などで明日の民生常任委員に市長にお座敷が掛かりました。
 また明日の民生委では横須賀市議会始まって以来初のパワーポイントでの説明報告があり、それに対し私がパワーポイントを使って反論、提案をします。内容は新環境基本計画と緑の基本計画についてですが、海の再生を入れる事が如何に大事かを映像を使っての質疑となります。ネット中継等でご覧下さい。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-09-06 20:14

9月2日一般質問します。

 2010年3定(9月議会)一般質問
2010年9月2日 質問者 一柳 洋
 答弁を求める者 市長 教育長

1,谷内家からの提訴
 訴状に関する説明資料について 
主な経緯の不思議さについて
 平成11年1月21日に 谷内達子氏の要望書が提出される。
 同 1月22日に市から要望書に対する回答書を提出。
 同 1月23日寄贈作品の贈呈式を行う。

 非常に不可思議な進行具合であり私が知っている情報を裏付ける資料である。特に要望書が出た翌日に回答書がでる。その翌日に寄贈作品の贈呈式が行われる。1日ごとに重要事が決まる様は組織的決定でなく、ごく少数で決めたとしか思われない進行である。 またこれは帳尻あわせに後から画策されたとの見方が出来る。市長になってこの件について納得のいく説明を受けたので説明資料につけたのか。
 説明を受けたとすれば、その説明をしたのは教委職員か美術館職員か?


2,大友弁護士を選任するとしているが、同弁護士は昨年のアドバイザー料返還及び差し止め裁判(実質原告吉田、一柳)では6月まで被告として谷内家代理人、中村弁護士と「共闘」していた。
弁護士法には抵触しないだろうが、弁護士倫理として適切とは思われない。何故この弁護士を選任するのか。昨年までの実質原告の吉田市長は昨年6月までは被告側弁護士で戦う相手であった弁護士を使う理由を明確に説明すべきである。
 又着手金はいくらを考えているのか。

3,市長は本年3月、議会の協力を得て谷内家長女森広美氏のアドバーザー契約を切ったにもかかわらず、前回2定の答弁のように公金を使い和解、又は費目を変えて公費を払い谷内家側の理解を得たいとの気持ちがあるのか答えられたい。また裁判でもあくまで徹底的戦うのではなく、和解を視野に入れているのか。基本姿勢を明確にされたい。

以上が質問趣旨です。
私は3番目の質問なので11時半頃か午後1の質問になると思います。
今回からは2問目から一問一答方式を選択する事が出来ます。
私も2問目から一問一答方式をとり佐久間議員を補佐人にして2問目から厳しく追及します。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2010-09-01 20:47