<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

選挙上手の出馬表明と+横須賀をロケ地にした映画

選挙上手の出馬表明と+横須賀をロケ地にした映画
 24日各紙に吉田市長出馬表明の記事が出た。
その前日の23日の昼過ぎ携帯を見ると市長から不在着信があった。
この時期に何のようかと思ったがコールバックはしなかった。それから1時間くらいたったらまた本人から電話があり、用件は「これから出馬の記者会見をするのでよろしく」という事であった。「ご丁寧に」と言って電話を切ったが、どうやら廣川支持以外の会派議員に電話をしたらしい。選挙にかけては、本当にマメだね~としみじみ感じた。
従属の精神構造は変わったのか  
 1月中神田の神保町シアターで、50年代から70年代初めまでロマンポルノ移行前の日活映画がリバイバル上映されている。
 22日に久しぶりに『豚と軍艦を』 を観に行った。
 この映画が撮られたのは60年安保真っ盛りの1960年。公開はその翌年の61年1月だから私が小学5年から6年になる時だ。当時学校や職場(労組)で演劇活動が盛んだったから、高校生などがエキストラで出演したとか姉の話などで聞いていた。
 60年61年は安保や当時の世相を批判した映画が多く作られている。大島渚の『日本の夜と霧』や黒澤明の名作『悪いやつほどよく眠る』(60年9月公開)などがその代表だし、『豚と軍艦』も基地に依存し寄生する、横須賀の町の有り様を喜劇にして表現している。今と比べ映画会社も表現の自由を保障し、ある一線を越すと大島のように退社せざるを得なくなるが、客さえ入れば権力批判の映画も作らせた。監督や俳優も良い映画作りをしてまさに映画を通じて表現活動をしている。
 さて映画『豚と軍艦』だが、61年1月公開。
今村昌平監督、長門裕之、吉村実子主演。日活製作・配給。白黒シネスコ / 108分。
基地の町・横須賀で米海軍の残飯を流用して養豚でひと儲けをたくらむ、やくざ組織があったと言う設定だ。豚の飼育係を任され出世の夢を見たものの、内部抗争から最後には組織から撃たれ殺されるチンピラ男役の長門裕之と、その恋人で、基地に寄生する家族、周囲に翻弄されながらも自分の足で歩んでいくハイティーンの吉村実子。二人の生きざまを通して、戦後日本の現実を寓意的に描く(一部ウキペディア引用)。
 この映画はどぶ板通りを中心に描くからパンパン、オンリーなど60才以上の横須賀育ちにとっては「懐かしい」言葉のオンパレードだし(今は放送禁止用語?)、オンリーになって家に金を入れろと吉村実子の姉役(中原早苗)や母親役の菅井きんが平気で言うが、今この映画を観て、ここに出てくる奴らと精神構造が違うと明確に言える横須賀っ子はどのくらいいるのかと思う。 
 こんな生活は駄目だと理論展開はおぼつかないが「川崎の工場でまともに働く」と言って横須賀駅から電車に乗る吉村実子を今の国道のトンネル上(山から)から俯瞰して撮り、右に臨海公園が写る中11両電車が東京方面へ向かうところでエンドタイトルが出る。このラストシーンや吉村実子から言わせる台詞は「占領軍基地に寄生しないで自活しろ」が今村昌平監督のメッセージだろう。
空母入港で潤った横須賀の基地経済 
 もう一つ映画の中で「空母が入るぞ」とか「空母が来るってよ」の会話シーンがありどぶ板で稼ぐ連中が色めき立つシーンがある。またラストシーンでは空母入港に備えて佐世保からホステス達が大挙来て吉村実子とすれ違うシーンがある。去る者向かう者の対比である。この「空母が入るぞ!」との期待感が分かる人も相当減っただろう。
 60年前後に寄港する空母は第2次大戦時のエセックス型か、大戦後に完成したミッドウエークラスのコーラル・シー(コロ・シーと発音した)が良く入港した。50年代後半から建造されたジェット機対応の大型空母フォレスタル級の入港はベトナム戦争が激化してからだ。と言っても3万トン規模のエセックス級でも3千人ほど乗り組み護衛の駆逐艦も入るから4,5千人が横須賀に金を落とす。北爆(北ベトナム爆撃)が本格化する65年以降は空母2,3隻の同時入港もあった。 
 ベトナム戦争終結以降は、ドルの価値がどんどん下がり、空母が入っても金にならず騒がなくなった。但し73年からはミッドウエー母港化問題となりデモで騒がしくなった。私はベトナム戦争後半期にタクシー会社のメカニックをしていたから覚えているが、空母が入ると横須賀のタクシーは運輸省から「特別認可」がおり、1日の走行制限距離360kmが30km延長になり390kmまで走り稼いで良いことになっていた。
 またベトナム戦争終結までは空母が入ると1日中横須賀基地内だけを走り、いっぱしの水揚げをあげる運転手もいた。1ドル360円(現在の4倍の価値-物価は10分の1以下)というドルが強かった時代は、如何に横須賀の町が基地経済に影響を受けていたかが分かる。
 更に朝鮮戦争時はパンパン宿にセーラーを何人も連れて行き、パンパン屋からのキックバックの方が売り上金げより多かったという話も古手運転手から良く聞かされた。
 映画『キューポラのある街』で飲んだくれ父親役の東野栄治朗が、「戦争さえあれば工場はフル操業でパーット儲かるんだ」と言うシーンがあり、「テメエまだ朝鮮娘とつきあってるな」と罵倒される吉永小百合が「お父さんみたいなのを無知蒙昧って言うのよ」と言い返すシーンがある。これは鋳物工場の川口だけの話ではなく、私の周りにいた運転手や近所のおじさん達からも、また朝鮮で戦争があれば儲かる、みたいな話は良く聞かされていたからジュン役の吉永小百合のセリフはその通りだと思った。
 アメリカはベトナム戦争で戦費を使いすぎ、ブレトンウッズ体制も71年に崩れドルも360円の固定相場から変動相場制になって42年、今は日本の資産を上納させられる立場にかわった。独立してから60年以上たっても属国である日本を認識するためにもDVD化されているから是非本作品は観る価値あり。
映画の活用も下手な横須賀市 
 またここまで徹底した横須賀ロケの映画もこの映画の後はないはずだ。
 横須賀をロケ地にした映画では
 喜びも悲しみ幾年月 1957年 松竹 木下恵助監督 出演高峰秀子 佐田啓示
 潜水艦イ57未だ降伏せず 1959年 東宝 松林宗恵監督
                  出演 池部良 平田昭彦 三橋達也 
 忘れられぬ人々(2001年、DVD化)原案監督 篠崎誠 出演 三橋達也 大木実 
  ベック 2010年公開
 などがある。
 『忘れられぬ人々』はこれまた横須賀ロケが多く内容も良い映画だ。だが殆どの横須賀市民はこの映画を観ていないだろう。この映画では新興宗教(本部が防大下のシャロームになっていた)が空襲で子供を失わせた老婆を脅して壺などを買わせるシーンは、復興と社会保障のために増税しますという国の詐欺的実態とを被せてみると理解しやすい、現代に通じる映画なのだ。
 ベックは原作は漫画だが横須賀ロケ多しとは宣伝されなかった。映画内容は私からすればB級で感覚が違いすぎ薦めないが、今様監督の作風を知るにはよいだろう。
 『潜水艦イ57未だ降伏せず』は、ドイツ降伏後、海軍が和平工作のために某国外交官親娘を潜水艦でスペインに送ると言うストーリーで、潜水艦内で和平を巡って鋭い対立もおきると言うストーリーだが、54年前の長浦桟橋がロケ地で、米から貸与された大戦中のガトー級潜水艦「くろしお」がイ57として接岸しロケをしている。その遠景には夏島の格納庫や、まだ米軍接収中で横須賀航空隊の旧海軍飛行場の様子が写っている。
 しかしここまで書いていて、本当に横須賀市は横須賀とゆかりある映画の活用をしていないと思う。知的遊び人がいないのだな。
 喜びも悲しみも幾年月は映画史に残る名作だし、冒頭の20分間ほどは観音崎灯台を舞台に展開する。俳優のバックに東京湾が写るが海は奇麗で、今と違い航行する船舶が殆ど画面に映らない事も発見できる。
 そして豚と軍艦は初めから終わりまでロケ地は全編横須賀である。
 50年前の横須賀の風景がJR横須賀(当時は国鉄横須賀-戦前は省線横須賀駅と言っていた)、から安浦埋め立て地、大津馬堀海岸の海岸線と国道16号、そして豚舎が写る観音崎が豊富に出てくる。60才以上の横須賀生まれなら懐かしい風景がてんこ盛りで出てくる。黒松が生えている猿島も遠景に写る。
 ネットで検索したら「豚と軍艦」とロケ地があり現状との対比をしているが、どうも50代以下の者が書いているようで横須賀駅界隈のことしか書いていない。
 特に豚舎のロケ場所(オープンセット)だが、背景に観音崎灯台がハッキリ写っているところから、現在の海自占有エリアで、なだしお殉難碑がある砲台跡地がその場所らしい。この豚舎にトラックで豚を運ぶシーンがあるから昭和30年代前半には現在の海岸沿い遊歩道は出来ていた事になる(6トントラックが走る)。
 また豚で儲けようと企む日守組を脅す、やくざの古手親分を殺して海に捨てる為、死体を船に乗せるところは陸軍が作った円形の潜水艦聴音所であり(灯台からよく見える異様な円形構造物)撮影用に掛け替えたのか、まだ戦後15年のためか木の橋が架かっている(橋は現在落とされている)。
 当時は戦後15年で軍用地の観光化が促進されており観音崎三軒家にキャンプ地もあった。多々羅浜には観音崎自然博物館も作られたし京急の宿泊施設もあった。
 昨年3月で海自は礼砲所を除いて実質観音崎から撤退をしている。ロケ地となった砲台跡はキャンプ地等海と親しむ施設にもってこいだが、市も県も防衛省に返還をと掛け合っている様子はない。想像力の欠如で海との遊び方を知らないから活用策が出てこないのだ。
 集客、 集客とかまびすしいが一向に具体策が出てこない。ダイエーのヒューマックスで軍港観光船下船時に合わせて、横須賀ゆかりの映画を上映するのも良いではないか。
 6月には吉田、廣川の一騎打ちの市長選になるのだろうが、どちらからも横須賀の潜在素材を活かす案は聞けていない。どちらにも知恵者はそういないようだ。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2013-01-26 11:29

株価上昇は増税のための演出?立候補表明報道

株価上昇は増税のための演出?
 改憲勢力が連立政権の公明を除いても優に350議席を越えた。
 民主にも前原や長島、野田など隠れ改憲派がいるから改憲に抵抗のない者は400議席を超えるのだろう。そして改憲となれば右翼ニヒリストで非人間派の石原と橋下の維新の会も出てくる。とんでもない状況になってきた。このブログを読んでくれる人は参院選まで時間があるから、是非自民党の改憲案を読み直しすることをお薦めする。
 この改憲派は基本的に対米追従だからイコールTPP賛成で増税派と言ってもよい。
 但し中小企業の声を考慮して安倍政権も経済が回復しなければ消費増税は先延ばしすると、一応国民の事を考えているような表現をしている。
 しかしこれは眉につばして聞いた方が良いだろう。
 選挙後の株価上昇はご祝儀相場と見ていたが、年明けの日経平均株価の推移は1万円超えできて、11000円に届く気配になってきた。円安も対ドル90円に迫る。
 だがこの株価上昇は対中輸出も減っている中でおきている。実態を反映しているのか?これは消費増税の環境作りで操作されているのかもしれない。
 昨年秋、副島講座を聴きに行った際、その前座で出てきた元トレーダーの講師が以下のように語っていた。
日本の株価はシカゴの金融ばくち屋が決める
 松尾雄治
 まず日本の株価のプライスメーカーは外国(アメリカ)。
 プライステイカー(値段を決められる側)は日本。である事。
 日本の株価は日本人が寝ている間(時差)にニューヨーク証券取引所の状況を見たシカゴのトレーダーにより制御されている。寝ている間(市場が開く前)にシカゴが日経平均株価を決めている。日本は制御不能である。
 反ケインジアンの新自由主義者でマネタリストらをシカゴ派と言うが、日本の株価を操作しているのもシカゴであると初めて聞いた。ご本人はそのシカゴの賭場で駆け出しトレダーの端くれだったそうだが、白人で差別主義者の博打屋どもから人種差別的扱いも受けたから「この野郎」と思っていた。と付け加えていた。
とすると6月までは株価は上がり、日経平均株価は1万円台維持か?
 松尾氏は他にも商品取引や穀物取引のアメリカと中国の動きを報告していたが、消費増税のために半年ほど株価を上げ、見でせかけの経済回復を演出する事は十分ありそうだ。
 そして7月の参院選で勝利するために、まずは景気回復を印象ずけ、尖閣問題で緊張状態を維持させ、米の僕での集団自衛権行使、沖縄の基地固定化のムード作りをしつつ参院選を乗り切り、財務省の思惑通りの消費増税を行い、その後に本丸の改憲に向かう事になるのではないか?
 こう見ると株価上昇の意味が分かる。
 いずれにしろ株価が上昇すれば小金もち以上は、おこぼれにしても利益を出せるが、非正規雇用などが4割を占める「負け組」は株など買う余裕はないから、給与アップもなく後の消費増税だけを被る。なお復興増税の所得税アップは今月から始まる。皆さんは給与明細を十分チエックしてください。
 成長が止まり、デフレになって15年、政権がかわろうと振り込め詐欺国家の日本であり、善良なる国民から金を巻き上げる事だけしかやっていない。官僚とジャパンハンドラーズがやること(メディア報道)に騙されず、自己防衛を念頭に対応してください。

廣川氏立候補表明
 上記をアップしようとして朝刊を見ると神奈川の1面に廣川副市長擁立へとある。
 記事では『15日市内で会合があり、保守系主要会派が廣川前副市長を擁立する方針を固めた』とある。まあ、発表の仕方も含め下手なやり方だとしか言いようがない。
  保守系主要会派とあるが無所属クは吉田派が多いから、新政、自民、公明のことだろう。、研政は廣川氏ですぐ乗れる状況ではないから、この3会派しかありえない。
 市民も市政情報の少なさから、吉田市長は議会と対立している、だからマニュフェストも実現できないと誤解している。これでは3会派の要請で副市長が立候補を引き受けたとしか理解されない。事実は本ブログで書いているように、そうではないはずだ。
 3年間市長の補佐役として務めていた者がなぜ立候補する気になったのか?。3会派の要請で「お膳立て整い」担がれた的な印象は全くよろしくない。と指摘する。
 どうしても立候補して市政を変えたいのなら「3年副市長を務めていて、市長は度し難かった。これでは横須賀の市民が益々貧困になる。私が立ちますので議員は応援してくれませんか」。として頼む事が本来なのではないか。 
 有能な選挙参謀が本当にいないな。吉田陣営の反撃が見物だが・・・。繰り返すが大義と、何をしたいのか明確にしないと、市民は甘くありませんぞ。
[PR]

by ichiyanagi25 | 2013-01-16 09:57

神奈川新聞記事から見た今年の市長選

神奈川新聞記事から見た今年の市長選
 松もあけたが昨年末の選挙結果から、あけましてお目出とうとはとても言い出せない年明けだ。
 09年の「本格的」政権交代がメディアバッシングと官僚の総抵抗にあい鳩山首相が早期退陣させられた事から、政権交代しても結局、アメリカの言いなりにされてしまうというこの国の本質が分かった。詰まるところ実質占領下の日本では政権交代は国民にとっては意味はなく、敗戦後のGHQによる間接統治と実態はかわらないと分かった。
 また松下政経塾は官僚支配と、アメリカの属国制度を維持する為の政治家を育てる教育機関と判明した。だから民主が潰れようと自民が潰れようと、アメリカと官僚(間接)統治の二つが守られれば、政党の体裁は問わないという事も分かった。
 そして気にくわない実力者は、官僚機構とメデイアの集中砲火によって徹底的に潰しにかかる事も分かった。政権交代しそうになってからは小沢氏がその筆頭対象であり、次いで鳩山氏であった。北海道限定になったは鈴木宗男氏はまだ公民権復活にはなっていないものの攻撃は終わっている。
 但し不屈の精神の持ち主は陰の支配者からの攻撃に耐え反転攻勢にも出るが、人の良い鳩山氏は野田民主に引退させられた。人がよい人は政治家に向かない。鳩山総理はしたたかさがなく、側近を固めず、官僚にも味方を作らなかった事が9ヶ月退陣の原因だ。
 小沢氏の勢力は野田民主に反抗して集団離党したが、結局昨年の小選挙区制選挙で惨敗に追いやられた。これは完全にメディアの報道によるもので、選挙民は翻弄され民意は死に票となり自民圧勝、対米追従勢力で3分の2を遙かにこすことになった。
 残す希望は今年の参議院選挙までに脱原発、反増税そして対米追従でない勢力をどう作るかだ。小沢氏、亀井氏、河村氏らが小異を残して大同につかないと国民が悲惨な目に遭う。反撃を期待するが時間はあまりない。
市長選の真相を報じられないメディア 
 さて参議院選挙より一足早く横須賀市長選挙が行われる。
 3日付神奈川新聞に『県内地方選挙展望』なる特集があったが、お粗末な記事内容である。神奈川新聞は完全にジャーナリズム精神を失い、中学生新聞レベルになってしまった。
 議員当選以来お悔やみ欄の必要もあり、取っていたが、もう契約解除しようと思う。同じ思いで購読を止めた議員は他にもいる。
 私的な事はともかく横須賀市長選の記事を読むと結末に「それまで横須賀市は36年間官僚出身の市長が就任しており変革を訴えた吉田氏の実績評価が主要争点となる」とある。
 この官僚出身36年云々は4年前吉田市長が選挙戦に使ったフレーズだ。この4年近く官僚よりも官僚的な市政しかできなかったのが現職ではないか。
 神奈川新聞は地元紙という事もあり、記者にもよりけりの面もあったが、大体の記者は議会にもよく訪れ取材を重ねていた。90年代はタッグを組んで取り組んだ事もあるし、10年前までは市民運動も良く報じてくれた。酒も一緒に飲んだがここ数年はそれもない。本当にここ2,3年でジャーナリスト精神を感じない記者ばかりとなり、議会の事は殆ど報じなくなった。何でと聞いたら市議会の「ネット中継があるから」と答えた。こんな新聞があるのか、NHKや民放が放送したら書かないという新聞があったらそんな新聞は見捨てられる。速報性ではテレビにかなわないが評論分析に新聞の価値はある。
 ニューヨークタイムスのM・ファクラー東京支社長が『本当の事を伝えない新聞』(双葉新書)を出しているがその帯には、なぜ新聞は権力者の代弁ばかり繰り返すのかである。言い得て妙だが219ページにこう書いてある「良いジャーナリストには正義感-悪に対する狭義心が必要だ」。議員にも共通する言葉だ。
 今の市長は悪をやる程の度胸はないが、殆ど市民の為になる事は考え出していない。そこを神奈川だけでなく記者クラブにすぐう各社はまるで報道しない。情報のない中で市民はどう実績評価すればよいのか。また脱原発議連として幾ら原発関係の事を記者発表してもまるで記事にしない。新聞が原発村の構成員である事を実感させる。折り込み紙のタウンニュースの方がよほど取り上げてくれている。  
 なお同著では東京新聞だけが唯一ジャーナリズムの矜恃を守る新聞としている。
現職の評価と市長選の行方 
 神奈川の記事に戻るが、『保守系に対立候補擁立の動きも出ている』としか書かない。何で12月議会終了後に一人の副市長は辞任したのか。それらの動きと併せて報じねば「保守系に擁立の動き」の本質は伝わらない。記者会見するまで待ってと要請でもされているのか?
 3日の記事では市民にとってどっちでもよい自治基本条例などを、ことさらに取り上げて「常設型住民投票条例は昨年12月に否決されている」と書くが、吉田市長が基地に関する事を住民投票要件から外し、更に請求に必要な選挙民署名数を有権者の6分の1から4分の1へとハードルを高くし、実質、住民投票が行えないようにした。この変節市長のやり方を批判的に報じたのか。理由は違うが左右から評価されず否決されたのだ。 
 分権が官僚の抵抗で2000年以来全く進んでいない状況も報じず、分権社会にほど遠い状況で、自治体の権利獲得にも繋がらない自治基本条例制定を、今行う事に価値があるのか、との分析も怠っていながら、議会に否決されたと書く。では否決に廻った議会の意見も丁寧に採り上げたのかと言えば、取材にも来ないのだからそれもない。読者はこの新聞を読んでも本当のところは何も分からないのだ。
 市長は本当の事が報じられない事を利用して「議会の抵抗にあってなし得なかった」と宣伝するだろう。
 また保守系が選対を作って前副市長を含む誰であり対立候補を立てれば、質より量の支援派議員の数を強調し、保守勢力に対抗する多勢に無勢の市民派を演出するだろう。
 指摘される保守の対立候補が立候補表明したら、何で3年使えていた補佐役が下克上よろしく立候補するのかと、大義の無さに疑問を持つ市民が多いだろうことを計算しているかだ。B層もそういうことはメディア誘導がない限り感ずる。
 また進次郎さえ応援につければ何とかなると考えていたら、選挙上手に勝てるわけがないだろう。何しろ彼は選挙にかけては数十年に一度現れるかの“逸材”である事は間違いない。が、選挙だけが生き甲斐だから政策なんて何もない事がこの3年半でハッキリした。
 幾らB層が多い横須賀だとは言え、衆院選と市長選の票の出方は違う。進次郎がB層相手に政策も語らず15万票を濡れ手で粟で獲得した事を、そのまま市長選に当てはめて考えているなら、そこで負けだ。2年前の市議選だって自民候補は殆ど進次郎効果なんて得られていない。
 4年前30人以上の市議と小泉純一郎先生までついたのに蒲谷氏は敗戦したのである。 
市長のなり手 
 今回の擁立劇は経済界の実質大御所が振り付け師らしい。しかしアメリカや政府にとって全く脅威でない吉田市長が何故駄目なのか、議員も読者も知りたいところだ。先月辞任した副市長を3年前に副市長にと押したのは、その界隈だとも当時聞いている。就任時、若い市長が「諫言を聞かねばいつでも辞表を出す」と前副市長本人は言っていたが、辞表挨拶の時も何が逆鱗にふれ任期を残して辞任するのかは明らかにしていない。
 保守陣営が対立候補を出すのは「言う事を聞かない」からという話も伝わっているが、市長は誰の言う事も聞かない。よく言えばおもねないだが、実は選挙に有利と思えば誰の主張でも臆面もなくパクって「私がやりました」とPRするだけの小賢しい人間なのだ。3代前の横山市長は当時の商工会議所主流と折り合いが悪かったが、それは横山市長のパクリ手法にあったというから、「歴史は繰り返す」かとも思うがジャーナリズムはそれらを含め市民に情報提供すべき役割がある。
 昨年秋頃から経済界を含む保守陣営は候補を探しているとの情報は入っていたから、40代の意気の良い官僚とか、学者とかがくるのかと思ったら、昨年暮れこれだと聞いて正直、ガッカリした。保守陣営は意外と人脈は細い事が分かった(横須賀でやってみようと言う意欲的な人はいないのですな)。
 私は吉田市長になってから政策提起した案件の詰めの交渉は、行政経験の乏しい市長としてもしようがないので、両副市長としてきた。それ故に感じる事だが対立候補も、横須賀をこうしたいという思いがあるとも感じない、また分権を強く求めるという意識も伝わってこなかった。市長とどう違うのかという事からすると政策的には甲乙ではなく、乙丙か、さまもなくば市民にとっては丙丁つけがたい争いになるとも言える。何より立候補の大義を明確にし、これでは横須賀は駄目になると明確な争点を出さないと市民の心はつかめないだろう。
 現職は昨年秋から運動を始め年始でフルに顔を売っているのに、対立候補は新年の人寄せ行事にも出てこない。どうも優秀な選挙参謀が付いていないように感じる。役人上がりは蒲谷さんを見れば分かるが選挙の厳しさを体感していない。
 それと毛髪のあるなしなど、候補の見てくれにも選挙民は反応する。鈴木宗男氏が著書に書いているが、「髪ふさふさの者が同じ事を言うと信用するが禿が言っても信用されない」と松山千春と嘆いていたが、たたき上げの指摘は的を得ている。キャラ見てくれも選挙には重要な要素だ。
 呉東弁護士には保守2分の2人の争いに割って入っても、この2人じゃ嫌だという票が2万票くらい来るが、勝負にならないから、やめて在野で対抗した方がよいと進言しておいた。
 共産は独自候補を擁立するらしい。 
[PR]

by ichiyanagi25 | 2013-01-08 11:52