人気ブログランキング |

ダイオキシンヒステリーと行政パニック Ⅱ

f0165519_11405380.jpg

議論を始め行きすぎをただしたい
 日本評論社刊の「ダイオキシン」についてこれからかいつまんで報告します。この問題を冷静に考え、行き過ぎた行政対応の見直しが必要であれば是非御意見を賜りたいのです。また誤った科学認識による環境運動が広がらないように、そして今までの運動論を修正する必要があると思うのです。御意見を賜り、論議をしてから議会で取り上げたいと思います。そう言う意味で御意見お願いします。ある運動が論拠を失いかねない大問題でもありますから。
環境大本営発表
P176に次のグラフがある。これこそ「焼却炉近くの住民はダイオキシンにやられている」と世論を煽り、ひいてはダイオキシン類対策特別措置法-通称ダイオキシン法-を生んだとされる。
 このグラフは新生児の死亡率と産廃焼却量との相関グラフである。このグラフによると産廃焼却量に伴い新生児の死亡率も高いように見えるがよく見ると死亡率は1993年で切れている。94年以降は死亡率が減少したので使用しなかったと言うのである。このグラフで高値にある82年~94年は平均より少し高い死亡率を示したのでそこだけ抜き取ったと言う指摘である。
元データー(6-2図)があるが94年から96年にかけては焼却量は倍になったが死亡率は減少しているがそれは載せていない。この本はこのグラフを環境版大本営発表だったと指摘しているのである。
f0165519_11415117.jpg
f0165519_1142540.jpg

 更に続く。新生児(生後4週間以内の死亡)の死亡率は全国平均で1/500だそうだ。
また乳児死亡率(生後1年以内の死)は1970年の8,7から2000年は1,79と確実に
しかも大幅に減少している。そしてグラフのトリックは埼玉県の三芳町という小さな自治体の新生児死亡率を取り上げた。統計学の常識であるが母集団の小さな所ほど一人か二人の死亡増減で死亡率は全国平均の上や下へと振れる度合いが多くなる。同町の年間出生児数は最大で350人ほどで全国平均と同じなら死数は1以下であるという。現実の死亡数は年0~4人で推移し産廃焼却炉が稼働してからも死亡ゼロの年が6回あった。(母集団が超小さい)町の乳幼児がたまたま3人が死んだ年の死亡率を全国平均と比べるとすこぶる高値になる。ここを抜き取ったと言うのだ。

図6-2を見れば焼却量とは関係なく死亡率は年と共に確実に減少している。ゴミやダイオキンではなく公衆衛生の向上と医療技術の向上により死亡率は減ったのである。本書のまとめはこうだ。所沢周辺の新生児死はダイオキシンと関係ない。このグラフにより市民マスコミばかりか環境学者も誤解してしまった。産廃銀座の次にゴミの自家焼却している市町村は新生児死亡率が高いとの情報も引き続いて出た。

ダイオキシンを浴びてもあざが出来るくらい
1976年にイタリアのセベソと言うところで農薬工場の事故があり大量のダイオキシンが町に降り注いだ。子供達は降り注ぐ白い粉の霧の中で遊び回ったというが、セベソの住民はこの事故により死の恐怖におびえ、奇形児が生まれるのではと心配した。カソリックの総本山イタリアは国法で中絶を禁止している。時の政府は激論の末セベソの3ヶ月以内の妊婦に中絶を許した。
多くの胎児が闇の葬られたし、密かに外国で堕胎した人もいると言われる。
 しかし賢明にも中絶を思いとどまった妊婦から異常児は生まれず、白い粉の霧を浴びて死んだ人もいなかった。
 この事故をきっかけに徹底したダイオキシンの研究が全世界で行われた。最初は農薬をターゲットに調査研究し、後にゴミ焼却でも発生することが分かると燃焼との関係も調べられた。70年代末にはものを燃やせばダイオキシンが出るのは研究者の常識となった。山火事でも発生するので地球規模で何億年もかけて蓄積したことも分かってきた。
 さて、では人的被害はどうだろう。全米の大学で広く使用されていたテキスト(日本での訳本1990年)にはこうある。「ダイオキシンに暴露した人は多いが、これまで確認された被害はせいぜい塩素座痩、筋肉痛、神経障害、胃腸障害で何れも一時的なものに留まる」。ダイオキシンが先天異常を起こしたり肉腫を起こしたりと言う説は実証されていないとある。テキストは引き続きこう指摘する「こういった問題を決定するのは科学ではなく政治である・・・何としても規制せよとの世論がある限り環境保護庁は現行の規制を緩めるわけには行かないだろう」。この指摘は90年代後半の日本政府や各自治体の実態をぴたりと当てている。
ソ連も政治利用はしなかった 
 また米公衆衛生誌にでた別リポートには「詐欺的な因果関係を根拠に補償を行うのは誤りであろう」とヴェトナム帰還兵のダイオキシン「被害」についてそれほどのものではないとしている。
 休憩Ⅰ-私はこれら著者とは違う研究者に聞いたところ、1970年代当時のソ連化学者も
枯れ葉剤に含まれるダイキオシンは大した健康被害を与えないとして、これをもってヴェトナム戦争糾弾はしてないそうだ。
休憩Ⅱー20年前、今は亡き鈴木福蔵さんらの南部清掃工場建設に伴う運動を手伝った。この時を契機に塩化水素(塩酸が気化した状態)対策で炭酸カルシウム入りレジ袋となったわけだが塩化水素がどのような人体被害をもたらすか家に帰り調べた所大した事がないことに驚いた。もっと問題とすべき大気汚染課題はほかにあったのである。
なぜ
 スモンでもサリドマイドでも世界の「認識」が日本に入って来るのが遅く、多くの薬害被害者を出した。スモンなどは獣医雑誌にも書かれていた「常識」が日本には伝わらず多くの被害を招いた。エイズ過をもたらした非加熱製剤もそうである。しかし厚生省や環境庁は「熱ものに懲りてなますを吹きすぎた」か、ダイオキシンでは明確な健康被害も確認してないのに早期に対応したのである、なぜか?そして自民党から共産党まで全政党あげて立法化に走ったのである。

 次回パートⅢではダイオキンヒステリーを作った政治の役割とその背景にスポットを当て、皆さんと考えたい。

by ichiyanagi25 | 2003-05-21 00:00

<< 横須賀の海を愛する方々へ ダイオキシンヒステリーと行政パニック >>