人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

堤未果講演集会のご案内

堤未果講演集会
横須賀を売らせない!  

上下水道などの市民資産を外資に乗っ取らせない!
日 時:4月10日(水)午後6時半(開場6pm)
場 所:ベルク横須賀大ホール(横須賀日ノ出町)
講 師:堤 未果さん
参加費:1,300円

1部 堤未果さん講演
昨年『日本が売られる』を上梓して安倍政権の日本売りを告発。同書は10数万部のベストセラーに。
『貧困大国アメリカ』(07年発売)など10年ほど前からグローバル資本の世界支配の実態を明らかにする女性ジャーナリスト。
2部 横須賀の市民資産を取られないために 
  上下水道は市民資産の公営事業。水道と環境、衛生、防災(下水道)を外資にとられないために、国会議員、市議と専門家が市民の前で話し合う。

麻生財務大臣の売国発言
 麻生財務大臣は2013年3月、米シンクタンクCSIS(戦略国際問題研究所)で「世界中殆どの国ではプライベートな会社が水道を運営しているが、日本では自治省以外水道を扱うことが出来ません(?)。
 この水道も、全て国営もしくは市営、町営でできていて、こういったものを全て民営化します」。と、めちゃくちゃな説明をしつつも、自治体がもつ水道を私営企業化する事を約束。

 横須賀市は県内で唯一政令市以外で水道局をもち、県広域水道企業団を構成する4自治体の一角を占めています。命と暮らしに直結する水道を始め、救急、消防、防災、衛生、環境に関することは自治体が公共事業として行うもので私営化して儲けの道具にしてはいけません。
 水道や下水道施設は市民の税金、使用料で賄う、市民財産です。大切な市民財産を守る為の講演集会です。21日が市議選投票日なので市議選の争点にもするつもりです。市民は市財産の納税株主です、ぜひご参加下さい。

             主催 立憲主義を守よこすか市民の会 
             協力 水と暮らしを守るよこすか市議の会
連絡/申し込み先 Eメール:umihiro@bc.mbn.or.jp 電話/FAX046(897)5561 (一柳方)

※新着情報や詳細は 「立憲主義を守よこすか市民の会」のHPをご覧下さい。検索は名称かURL http://www.rickenyokosuka.com/にて。前売り扱い希望等はHPのチラシをお読みになってください。


by ichiyanagi25 | 2019-03-27 09:01

密約を公然化させた属国軍の実態

密約を公然化させた属国軍の実態
 先週17日(日)反基地の市民グループが主催する「安保法制後」の横須賀自衛隊は何処に向かうかの講演会を聞きに言った。

 軍事評論家の前田氏や、反基地市民運動50年の新倉氏などの講演や報告で、安保法制で自衛隊法が変わったところなどを聞いて、要するに指揮権密約から67年、自衛隊は憚らずアメリカの先兵及び兵站部隊として海外に出されると言うことが、確認出来た。
 私たちは指揮権密約の公然化(法制化)で、堂々とアメリカの為に自衛隊が使われ、海外に出動させられることになってしまった。何が集団自衛権だ、ごまかすな。属国軍隊であって全てアメリカの命令通りを認識する事だ。
 横須賀は海自最大の根拠地であり、第7艦隊の基地である。
 何度も本欄で指摘しているが、陸海空3自衛隊の指揮権はアメリカが持っている。
 指揮権を持つものが、仮想敵国を設定し、3自衛隊の陸海空軍の装備、配備、運用を考える。とりわけ海自はルーツの海上警備隊の発足からして、アメリカに免責して貰った旧帝国海軍生き残り高官が、海軍再興をアメリカに願い出て認められた。
 この時から海自は全面的にアメリカ、即ち第7艦隊の補完部隊として、完全に米海軍のオペレーション下に置かれている。海上警備隊発足以来67年、米海軍の指揮に従うで来ているのだ。
 自民歴代政府と自衛隊の「是で良いのだ」ではいけない。と主権者国民が気がつくところから始めないと、永久に独立国として主権は取り戻せない。
なぜ独立国の軍隊ではないと指摘しないのか
 しかし、この事実と歴史経過の必然として、アメリカに指揮される自衛隊である事を市民派も、左翼系もずばっと言わない。
 なぜなのだろうか?
 ネトウヨと同じ敗戦も其れによる属国も認めたくない。からでは無かろうに、と思うのだが、不思議である。
 ヘリ空母いずもタイプの軽空母化についても話が出ていたが、是も指揮権を持つアメリカの要求で改装するのだ。
 だいたい海自の艦艇や搭載兵器についても全てアメリカの希望(命令と言うべきか)で行われていると、解すべきだ。
 中国海軍やロシア海軍はアメリカの機動部隊を潜水艦や対艦水上ミサイルや航空機で攻撃する。それに対して第7艦隊の補完部隊として海自は行動する。アメリカの為の戦争でしか運用されない。
 ここを認識して「是で良いのか」との根源的を問いを発することでは無いのか。
 高い税金を国防のためと言われて(安倍は騙している)アメリカの為に実は使っている。属国からの脱却で専守防衛の自前の軍隊をもとうと、なんで左右両方とも声を上げないのか不思議である。
 そして、安倍のやっている売国国防を指弾する。
 同時に私たちは独立と自由が何より大事との、国民のとしての矜持を持つ事である。


by ichiyanagi25 | 2019-03-22 18:48

売国メディアにガツンと反撃せよ

売国メディアにガツンと反撃せよ
まず始めに以下の文を一読されたい
日本の安全保障を弄んだのは誰だ!フジテレビ
 フジテレビのトンデモ沖縄県民投票批判 
 以下抜粋引用 
 『ちなみに投票に行かない事は多数意見への白紙委任だと主張する人がいるが、 それは国政選挙など法的拘束力のある投票の場合だ。 今回の投票には拘束力はなく、あくまで 世論の傾向を知事や議会が把握するためのものなのだ。
 だから投票に行かなかった人を含め62%が積極的に反対していないのに、 沖縄の民意は辺野古反対だ、と決めつける理由がわからない。ちなみに旧民主党政権の人たち(連立を組んでいた社民、自由も含む)が、この間違った前提をもとに だから辺野古はやめろと言っているが いい加減にしてもらいたい。
 あなた方が県外だ、国外だ、腹案がある、ごめんやっぱり辺野古だ、などと無責任に日本の安全保障を弄んだことを国民が忘れたとでも思っているのか』。
 我々はあの「悪夢」をまた見たくないのだ。
【執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫】
対米盲従者の戯言を許すな
 これは辺野古新基地ノーの沖縄県民の意志に対する、対米従属右翼メディアの産経新聞/フジテレビの意見である。安倍の宣伝機関メディアの言い分だが、対米盲従とでも言うべき、まさに売国言辞である。
 民主党鳩山政権の事をこき下ろしているわけだが、もっとハッキリ立民の枝野党首や管元総理に対し名指しで、攻撃すれば良いのだ。なぜなら辺野古のV時滑走路案を決定したのは管総理(枝野官房長官)だからだ。
 しかしゴロツキメディアは、こう言うことを直接名指して聞かない。まあ、対米従属のお仲間だからだろう。
 しかし『無責任に日本の安全保障を弄んだことを、国民が忘れたとでも思っているのか』。とは何だ。これこそ自分の売国無知と対米従属故の思考停止をあらわす妄言だ。
 海兵隊は外征部隊であり、日本を守る為に沖縄基地を置いているのではない。フジテレビはこの重要なところをスルーして「アメリカ様に守って貰うしかねえだ」と騙しをしている。海兵隊の主任務を知らないで言っているなら、無知蒙昧の極みであるし、知っていてやっているなら、まったくたちが悪い。
 まあ読売と共にアメリカ様と基地利権屋に同調するメディアだから、まさに確信犯でやっている訳だ。
 また悪夢とはなんだ。鳩山政権は国民が選択したのだ。但し、鳩山首相はアメリカの恐ろしさにまったく無警戒で普天間機能を「最低でも県外に」として、アメリカに忠誠を誓う官僚と、民主党内の隠れ自公、そして対米従属メディアの総攻撃を受け僅か8ヶ月で失脚させられた。
 フジ産経がアメリカに抵抗する政権を「悪夢」というのは良く理解出来る。安倍や此奴らの民主党政権「悪夢」表現は、まさに日本の支配構造を、国民が知ってしまうことを悪夢というのだ。
 いずれにしても、独立国の矜持と気概も捨て去った語るに落ちる、提灯持ちメディアの言辞だ。主権者は徹底糾弾すべきだ。
野党は海兵隊のグアム移転を求めよ
 だが、こう言う右翼メディアの売国論を許す野党もいけない。
 私が繰り返して言うように海兵隊はグアム移転。そしてその結論が出るまでは、普天間機能は嘉手納統合を求める。そして普天間即時閉鎖全面返還で早く一致し、国民に是を公表すれば良いのだ。
 更に言えば安保条約は日本を永久に属国におく条約であるを、共産党以外の野党が言い出して、自分の国は自分で守ろうと言うことだ。
 そして更に考えを進めれば、、安保条約下では自衛隊の指揮権はアメリカが持つから、独立国の軍隊とするにはやはり安保条約を廃止するしかない。日本はアメリカの属国であるを広く国民が認識し、是で良いのかを考える事が、辺野古埋め立て阻止の、断固とした決意へと繋がるのだ。 

by ichiyanagi25 | 2019-03-02 09:25