市民が具体的に野党再編と共闘を促す

市民が具体的に野党再編と共闘を促す
 
f0165519_16093958.jpg
           2/24(土) 講演中の森ゆうこさん(産交プラザ)

新潟に学ぶ野党共闘を終わって 
 24日の森ゆうこさんを招いての「市民との連携による野党共闘」は90名ほどの市民参加を得て終了した。
 2部の野党共闘についてのパネル討論では、4区の立民衆員議員早稲田夕季さんが、参加してくれて、自由、立民、共産党での意見交換となった。
 1部の講演では、一昨年の参院選で1人減員で1人区となった新潟選挙区で、野党統一候補として、森さんが選ばれたいきさつ、またその年の秋に行われた、新潟知事選の話が中心に進められた。
 纏めると、野党統一候補選定で一番の「抵抗勢力」は、連合新潟だったと言うことが、聞いていてよく分かった(予想通りと言えば、予想通り)。
 反小沢一郎であり、また東電柏崎原発があるので、電力総連が連合新潟の中核であるから、反安倍ではなく、ヌエの野党共闘が望みである。 
 1年以上の統一候補論で何とかまとめ上げたのは、市民の声(新潟市民連合)であったことも分かった。そして反共労組の連合を何とか統一戦線にとどめて、辛うじて森さんが統一候補となり(連合から推薦を貰ったのがこの時初めてだと)、3千票弱の僅差で勝利を収めた(電力総連などは自民に入れたから、この票差だったのだろう)。
 2年前の参院選で全選挙区の中で一番当選確定が遅く、開票日深夜(翌日になって)に当選となったわけだ。
 その年の秋に行われた、新潟知事選では泉田前知事が、急に不出馬表明(昨年自民党の衆院議員となった)で急遽、知事候補選びとなった。
 この時は連合は自民候補についた。だから脱原発を前面に出して戦えた。自分の選挙もこの様に戦いたかった。
 蓮舫代表(当時民進党主)が選挙終盤になって新潟に入ったが、「いまさら」とか「遅いじゃないか」などとは一切批判しなかった。逆に良く来てくれたと言って迎えた。
 こういう我慢も統一戦線では、必要と言うことを言われていた。

共産党との連携を嫌う勢力の克服

 この時、蓮舫氏は民進内右派や連合から、相当圧力を受けていたのだろう。だから昨年、前民進党首なのに、未練もなく、さっさと民進を離党し、立民に入ったのだろう。
 昨年の衆院選について話がなかったので、4勝2敗と、沖縄に次いで自公を圧倒した新潟の野党共闘について、私から質問した。
 共産が6選挙区中5選挙区で、見返りなしに候補を降ろしてくれたのが、最大の功労であると言っていた。しかし政党公認でないと比例復活がないから厳しいとも。
 隣の芝生ではないが、新潟は農民運動の影響もあり旧社会党勢力が、まだ力をもっていること、また角栄を生んだ土地(旧新潟3区)なので、自前の候補を出して育てようという県民意識があるとも言っていた。
 日頃の運動や共通認識の醸成が必要と言うことだろう。
 まあ、思っていたとおり、やはり民進と連合が野党共闘の抵抗勢力であると言うことだ。問題は連合を含めて実は自公と近い勢力が共産党との共闘を否定する。
 民進が駄目だったのは、この勢力を抱えていたからだが、小池、前原の策略(裏は反共カルトの応援)に早々に乗って希望の創立メンバーや、日本会議や統一教会系とはハッキリ言って組む必要はない。
 排除の論理は取らないし敷居を高くしない方が良く、抱え込む度量が必要という指摘もされていたが、過去に学ばずに、ここをいい加減にすると、何のために立民が生まれたのか?と言うことになる。
 2部の討論では4区の早稲田議員が参加してくれたが、立民との話し合いは、この後に十分取り合っていきたい。

亀井静香さんの意見を思い出した

 この講演会を終わった後に、1年4ヶ月前に聞いた、亀井静香さんの話を思い出した。
 16年11月のトランプ当選直後に行われたある講演会で、引退を覚悟していた亀井節は私の気持ちと完全に一致したものだった。一昨年11月の亀井さんの発言を纏めると以下のようになる。
 亀井氏発言 抜粋引用
 民進のだらしなさ、昔の社会党と同じで議員職を確保できればよいだ。特に政権獲得の意欲が全くないのは、政党と言えない。
 TPPだってそうだ、真剣みのないのが、国民にもバレている。民進議員は連合について貰うと、さも組織票が来るように思っている。私は連合系組合に呼ばれると、アンタのところはスト権確立が出来ているのか、と聞く。スト権さえ確立できないなんて、労働組合ではない。
 皆(連合の民間企業)、労使協調じゃないか。原発だってそうだ。
 連合がつくと選挙の時ポスターは、貼ってくれるし、個人演説会に動員してくれるから、嬉しくなるが、票なんてそんなにない。新潟知事選を見ればよく分かる(連合がついた自公候補が敗れた)。
 民進議員は解散になったら、民進の文字は出来るだけ小さく書いて、安倍とこう対峙すると、デカデカ書いて、安倍とこう闘うと、気合いで演説すれば、人で入れてくれる。
 こういう議員が50人も当選すれば自民に手を突っ込んで、自民内の反安倍と組んで野党を第一党を作れば良い。そうすると自民は民進内の対米従属を巻き込むから、野党再編になってわかりやすい。 引用終わり。
 と言うことを話された。立民党の出現はまさに亀井説に近い形で生まれたし、民進内の対米従属は率先して希望に行ったから、まさに国民にとり、凄くわかりやすい、野党再編になったわけだ。

野党再編を促してから反自公の野党結集へ

 しかし年が明けてからの展開は、変な形の旧民主、三すくみとなって、立民、希望、無所属の会(民進)に別れたままだ。
 希望に行ったことを反省している議員達は、早く立民に入党すべきだし、民進は参議院で持っているわけだから、民進の参議院議員で対米従属と旧同盟系の連合べったり以外は、早く立民に入党すべきだ。
 しかし、旧民主が右派や自民落ちこぼれ組を無原則に入党させて、瓦解したことの反省から、とりわけ反共右翼思想の日本会議、及び統一教会系の議員は絶対に入れないこと。そして新自由主義のしもべも入れないことを求める。
 これは市民が促したほうが、良いのではないか。
 野党共闘の実現を要請するよりも、今年7月くらいまでは、安倍と対峙する、まともな野党再編(希望民進からの立民への移動)に、市民が働きかけるのもありではないか? 主権者は安倍と明確に対峙する、野党共闘を求めると言うことの表明もである。
 3月4日に立民神奈川が立ち上がるので、5月頃には立民神奈川と市民連携について対話集会を開きたいと思う。

[PR]

# by ichiyanagi25 | 2018-03-01 16:28

野党連携は主権者国民が働きかけよう

f0165519_09130162.jpg


野党連携は主権者国民が働きかけよう
 各地の市民団体が立憲民主が、本当に市民をパートナー(相棒-駕籠かごなどを一緒にかつぐ相手。ともに事をする人-広辞苑)とした政党になるのか、確認のための対話集会が、もたれている。
 これは民主(現民進)が歩んだ負の道、すなわち政策の骨抜き、国民に対する堕落・裏切りの道を歩まないようにとの、私達主権者の期待混じりに、疑念があるからだ。
 この種の市民集会が神奈川県内で初めて2月10日に小田原で行われた。
 集会に出席した立民神奈川代表の阿部知子氏だったが、最初の挨拶でも、民主党政権の失敗から、今の安倍独裁体制に持って行かれたこと。それが軍事外交での対米従属。
 経済でのグローバリストに従う、売国・亡国政治で国民の命暮らしを危機に追い込んでいる事への現状認識。そしてこれに対して、国民の命と暮らしを守る政治を主権者と共に作るのが立憲民主党である。との明確なメッセージは聞かれなかった。
 主催者団体や参加者から、立民が何をめざしているのか見えないとか、もっと市民に向けての活動が必要との質問が出てようやく、答えていたが、ハッキリ言って県代表のアピールとしては、物足りなかった。
 3月4日に立民神奈川県連が正式発足だそうだから、5月か6月に横須賀でも立民神奈川との対話集会を行うつもりだ。

主権在民だからこそ民主主議  

 民主主議(民主政体)を一言で言えば何か。
 一行で示すなら「民衆が、自分の思いを議会で代弁してくれる人を選び、政治を行う」である。だから現行憲法は国民主権としている。主権は明治憲法のように、天皇のみにある(立憲君主制)のではなく、万民にある。ということである。
 では1億2千数百万の国民が、「私は主権者だ」と言って、その行使を勝手に一人一人できるのか。もし、したら、大混乱で、何もきまらない。
 だから主権者国民(同時に県民市民)が国、県、市で、自分の代理・代表である、それぞれ議員を選ぶ(県市では首長も選ぶ)。
 選んで自分の思いを、議員には議決時に主権の行使をして貰う。首長の場合は行政執行権で現してくれる代表(自分の代わり)を選ぶ、のが選挙である。
 だから議員や首長は、私達主権者にかわって主権の行使をなす、者なのである。この原則が民主主議であるを、肝に銘じよう。
 国は国民を利口にすると、政治のレベルが高まり、国民を支配・収奪できなくなるから、この原則を教えないのだ。本当で一番大切なことは、学校では教えないない事を認識し、リアリストな主権者になることが大事である。
 故に政治は国民のレベルに比例するといわれる。大衆が、今の政治レベルを向上させない限り、最近の自民党議員や安倍のような、おつむの軽い反共で、アメリカのパシリを喜んでやる者しかでてこない。

市民が主導する野党連携のために

 したがって民主主議は主権者市民が先ず自立して、しっかり自分の代表を選ぶことでしか実現しない。安倍政治を変えるには、市民が主体の野党連携を形成する必要がある。
 そこで2週間後の土曜日、下記(トップのチラシ)に記載の通り集会を持ちます。参加お待ちしています。

日 時:2月24日(土)午後2時より(開場1:30pm)
場 所:産業交流プラザ第一研修室
(汐入駅下車徒歩3分)
講 師:森 ゆうこさん(自由党参議院議員)
参加費:1,000円

プログラム
1:30pm開場 2pm開演
1部 森ゆうこさん講演
2部 地域での市民による野党共闘実現!森ゆうこさんと、市民とのパネル討論




[PR]

# by ichiyanagi25 | 2018-02-12 09:17

立民のベテラン議員は先ず反省の弁を 

立民のベテラン議員は先ず反省の弁を 
 
 先週の日曜日(1/28)、文京民センターで立民党衆参議員10人ほどと、市民の対話集会が行われた。そこには枝野代表と、民主党政権時で左側から対米従属をやった、管直人元首相もいた。
 思い出して欲しいが、この管直人が総理であった2010年の参院選直前に、財務官僚に操られ、党内合意もないのに、消費税10%増税を公言して、政権交代時の公約を破り捨てたのだ。
 結果は参院選大惨敗であり、今の自公維新の改憲勢力3分の2を与えるきっかけを作った、一番の責任者だ(犯罪者と呼んでもいい)。
 さらに管はTPPを第3の開国と、国賊的表現を使って、日本売り渡しに合意したのだ。
 だいたい日本の開国などと言うのが、対米従属歴史観ひれ伏すものだ。第1の開国とは1854年のペリーの砲艦外交による日米和親条約である(そもそも「開国」とは明治政府の造語であり、頑迷な徳川幕府による鎖国から解放してくれた。という明治政府による歪曲の歴史観だ)。
 第2は1945年9月のミズリー艦上での降伏調印式をさす(軍部打倒は国民にとって有益だったが、敗戦により完全に属国となった)。
 そしてグローバル資本の為のTPPを第3の開国と称したのである。この男は完全に隠れ対米従属、そして売国思想の持ち主である。

消費増税に反対か、答えない立民
 話を対話集会に戻す。
 私は東京の知り合いの手配で、28日集会の呼び掛け人にさせて貰い、発言の機会を得た。質問担当で割り振られた項目は消費税と経済政策であった。
 そこで
 ①竹中平蔵、安倍がやっているグローバル企業に日本の資源、資産と国民の資産を売り渡す、国民収奪の経済政策にどう対峙するのか?
 ②消費増税だが、一般会計に占める税収額は30年前と同じの55兆円であるが、30年前は消費税が3,3兆円だったのに、8%のいまは17兆円になっている。この14兆円分の消費増税分が特に法人税減税(9兆円)で、あとは所得税減税になっている。
 大企業と高額所得者減税で大衆増税に転化している。これとどう対峙するのか、問うた。
 管がいたからか、あるいは新自由主義思想のアベノミクスに対峙する、基本方針がないのか、具体的回答は誰からもなかった。
 この後に沖縄辺野古埋め立てに対し、立民はどうするのか、質問が出た際も答えはなく、質問者やその仲間から「沖縄に対する答えがないぞ!」と怒声が飛び、司会者に促され、議員ら皆だんまりの中、有田芳生がマイクを取った。そして私達は沖縄に対して反省から始めねばならないと話した。

政権時の謬りを、反省すると言うべき

 そうなのだ、民主政権時に、許されざる公約の投げ捨てと裏切、そして外圧に屈した政策の謬りがあった。それはまさに軍事外交での対米従属、経済ではグローバル資本の僕に成り下がった結果だった(それほど日本支配構造の根が深いのに、民主党は余りに無警戒で、してやられた)。
 民主党内には権力が放った間諜や残地諜報者が、たくさんいたのだ。こいつらが鳩山小沢体制を瓦解させ、後は管、野田と、自民党と、さしてかわらない連中を使って、民主政権を崩壊させたのだ。この結果、おバカの売国者、安倍独裁の現状をもたらした。
 昨年の衆院選、残地諜報者の主だった連中や、従米反共カルト連中は綠の小池狸と謀って、希望の党に行ったが、希望から「排除」された立民にも管に代表されるようにA級戦犯者がいるのである。
 枝野代表は各地で市民との対話集会を開いていく姿勢を示したが、ご本人も菅政権の官房長官だった。原発事故の時、枝野官房長官は「今すぐ健康に影響はない」のコメントを繰り返し、国民を失望と怒りに包んだ。
 だから立民で民主党政権時閣僚や党幹部になって、国民の期待を裏切った連中は、まず民主党時代の誤りを認めて、反省の上から国民主権の政治を回復をすると言うべきだ。 
 裏切りに頬被りして、反自公を徹底すると言っても信用は得られない。

沖縄の海兵隊撤退を堂々主張せよ

 特に消費増税、沖縄の問題は、まず反省の弁から始めるべきだ。
 沖縄では普天間の即時使用中止と、普天間の県外移転ではなく、海兵隊そのものの撤退を主張すべきだ。政権を担って海兵隊は他の米、陸海空3軍と違って日本本土防衛が任務でない(外征部隊-殴り込み部隊である事)は十分承知したはずだ。
 そして一番暴力的で粗野なのが海兵隊であり、故に4軍の中で一番犯罪率が高い。
 日本国民の尊厳回復と、沖縄県民の被害軽減のために、立民は先ず沖縄住民に謝った後に、在沖海兵隊全てのグァム移転を堂々主張すべきだ。
[PR]

# by ichiyanagi25 | 2018-02-04 16:38

それを言っちゃあ、おしまいのメデイアと国会 

それを言っちゃあ、お終いのメデイアと国会 

護憲派も安保体制の本質に気がつけ    

 安倍が改憲を本当にやり出すらしい。
 いわゆる護憲派は3千万署名とか、で対抗するとか。
 しかしどちらも「憲法の上に安保条約がありますよね」とは言わない。
 憲法9条の2項を残して、自衛隊を明記するという。これで何がかわるのか?
 安倍自身がアメリカへの軍事従属を制度化している、安保体制という「影の掟」を隠しての、目くらまし且つ不毛な、神学論争であるを見切った方が良いだろう。
 まあ9条改正で確実なのは、アメリカの為の戦争の先兵や兵站を、明文化され、担わされるということだ。
 安倍がもう少し頭がまわって、日本がアメリカのパシリから脱することが、国民の為と思う思考能力があれば、憲法が押しつけられたと言うより、憲法を押しつけて、日本が戦争しない国になれとしたのに、なんで軍事従属の安保体制を押しつけたのだ。この安保条約こそ、独立国として認めない屈辱的な押しつけだから、この体制を解消しよう、と言うのが正解である。
 
 地位協定が改定できる、論の欺瞞を打ち破れ
 さて安倍(馬鹿は死ななきゃ、なおらない)はともかく、野党や左翼系がいう「地位協定の押しつけ」とか、地位協定の改正を求めるとかいうのは、安保体制(日本を軍事従属に置く支配構造)の本質をそらす、矮小的批判であり、安保体制補完論でしかない。
 まあ、洗脳されてと言うか、野党も市民も盛り上がる、地位協定改正論は、ナンセンスと言うほかない。
 全て秘密、非公開で、かつ米軍主導の日米合同委員会で、どうして改定論議などできるのか。属国日本から、発議できると思っているのか。ましてや安倍政権下で、日本側委員が改定など求めるわけはない。
 改定できる論の人達に、どのプロセスを踏めば、密約ばかりの協定を改定できるか、説明して見ろ、と言いたい。
 むしろ、この「地位協定が改定できる論は」結局アメリカを喜ばす空論であり、結果国民を誤誘導して、独立国の尊厳を失わさせているのである。
 だいたい地位協定での取り決め(本当の掟)は、安保条約本文にそれを書けば、日本はアメリカ軍に隷属することが、国民に分かってしまうから、秘密協定である地位協定(行政協定)に落とし込んだのだ。
 これを矢部広治さんが「知ってはいけない-隠された日本支配の構造」で、凄くわかりやすく解説しているではないか。野党議員はこの本すら読んでいないのか?真の野党議員はこの本の指摘を、何故安倍に突っ込まないのか!

怖くて言えないなら主権者から言って貰う

 ハッキリ言おう。
 問題は自公補完でない、本当の野党にある(自公は対米従属、新自由主義のしもべの党と、断じてそう言う)。
 安保体制を変えなければ、日本の独立は回復しない。植民地体制の上納金(毎年30兆円)巻き上げも終わらない。
 これを国民に対して、言うべきだ。
 この本当の日米関係を言うと、古くは石橋湛山、近くは小沢一郎や鳩山由起夫のようにヒドイ目に遭うから、表面切って言えないなら、主権者国民に指摘してほしいと、お願いしたらどうだ。
 鳩山民主政権が倒されてから、安保体制は軍事外交での日本の徹底従属化である事を、末浪靖司さん、矢部宏治さんが暴いた(今書店に居並んでいる)。
 実は、この指揮権密約を最初に暴いたのは、古関彰一氏で、37年も前の1981年(朝日ジャーナルに掲載)ある。また、この事実から論点整理して『属国日本』を副島さんが現してから、20年が過ぎようとしている。
 識者がここまで指摘してくれているのに、それを生かしてこなかった、私を含めて主権者が反省すべきだろう。
 憲法が保証する国民主権は、議員は主権の代行者であるから、議員を選挙する主権者が動くことが基本である。これを認識するのが立憲主義である。 
 安保体制は米軍基地の無限使用と用地提供させる事、米4軍の配備。運用に対し一切異議を言えない、軍事、外交従属体制である。さらにアメリカは在日駐留の大義名分として国連軍の振りをして日本にいるから、朝鮮戦争を終わらせない。など、これほど明らかにしてくれているのに、主権者国民が、これを政治家に求めなくてどうする。
 
国民にとって必要なのは独立回復論だ 

 そろそろ、我が国は独立国みたいな顔をしている事を、左右とも止めようではないか。
 国会でも、本質に踏み込まない、目くらまし論議を先ず止めよう。
 しかし、どうもこれをやると、政治生命を失うかも知れないし、下手をすると命まで狙われるというなら(言ったところで殺されないと思うが)、市民から言って貰うようにすることだ。主権者から尻を叩かれてやる。と言い訳して、メディアもそうで、みんなで渡れば怖くないで、始めたらどうか。
 いつまで続く永続敗戦論から脱却しろと、先ず主権者国民が気がついて、国会議員にハッパをかけることしか、現状打破の手段はないと思う。 
 そう言う意味でも立憲民主が、市民連携を第1にするのであれば本当に、主権者国民の党と言うことになる。これが出来るかどうか、これから市民対話集会を立憲民主党に求めて、主権者が独立の気概をもつ党に、育てていかねばならないだろう。
[PR]

# by ichiyanagi25 | 2018-01-28 11:09

民進は解党、希望は分党で政界再編が国民の為! 

民進は解党、希望は分党で政界再編が国民の為! 
   
 先週メディアを騒がせた、希望の仕掛けによる民進との、統一会派の野合企画がぽしゃった。
 当たり前だ。
 報道を見る限り希望の連中が、立憲民主党の衆院野党第一党を阻止するためもあって、立民が拒否するのにも拘わら、3党統一会派を持ちかけたのだろう。
 そして民進と希望の執行部の先走りで、党内合意も不完全で進めたから、上手くい筈もない。
 だいたい、前原、小池による野党分断策で、衆議院選直前に民進を解体し、誰も民進籍で選挙を戦わなかったのだから、もはや民進の存在意義など無い。
 今、変則的に民進に残る衆院議員は、希望の結成メンバーほどではないにしろ、対米従属に軸足を置いているのがかなりいる(野田、岡田、江田など)。
 だが民進の支持率は1~2%である。国民はもう駄目を完全に出しているのだ。この民意を正しく汲めと言いたい。特に民進内にいる参院議員は、立民か希望にわかれるべきだ。参院民進がなくなれば、衆院議員も民進籍を置く者はなくなるだろう。

 旧民主が何で国民の期待を裏切ったのか。そして野田が大政奉還した12年以降、支持団体連合の意向もあって、民進がヌエで安倍政権としっかり対峙できないでいる状況は、私が何度も指摘しているように、軍事外交では対米従属、経済ではグローバル資本の僕をやっている連中と、そうでは無い勢力(今は立民)が渾然としてしたいからだ。

 国民はもう民進のヌエ状態に怒り心頭か、あきらめ状態だった。だから12年以降は投票率が一向に上がらなかったのだ。
 東京新聞までもが明確に指摘しないが、野党でも自民補完の希望、維新グループと立民、共産、自由、社民の真の野党連合に別れることが、国民が望む野党再編なのだ。
 議員は主権の行使者であり、私達、主権者国民は、私達の思いを国会で表現してくれる代表を選ぶのだ。

民主の堕落の二の舞をさせない市民監視を

 その意味から、立民は立憲主義に則って、市民を第1のパートナーにすべきであり、各地でその連携組織を作ることだ。立民党が枝野私党であってはならない。
 しかし今回の野党統一会派の仕掛けは、あくまで国民に期待を担う野党勢力を大きくしないための策動の一環と捉えて、市民が早く民進参議院議員と、希望にはからずも行った、連中は早く立民に移動するように、世論形成することだろう。 

 但し民主の二の舞をしないために、来年の参院選挙目当てで移行する、意志薄弱で、何時裏切るか分からない連中は、厳しくチエックすることだ。
 基本理念、政策で一致しない者、そして反共の証である日本会議に所属する者と、脱原発でない電力総連と結びつく者は、入党させないように、私達が監視したい。

 立民が衆参会わせて100議席を越え、更に市民との連携を1番にし出したら、アメリカの意向を汲んで、いろいろな分裂工作や妨害がメディアを始め出てくるだろう。
 市民はそう言う事もありうることを認識しつつ、国民の為の野党再編を促そう。



[PR]

# by ichiyanagi25 | 2018-01-21 20:57